文字サイズ
自治体の皆さまへ

緊急事態宣言に伴う区の対応について

16/42

東京都港区 ホームページ利用規約等

区は、国の緊急事態宣言の期間中、次のとおり対応します。

■施設の運営について
都による緊急事態措置を踏まえると共に、人流の抑制を更に推進するため、原則閉館時間を午後8時に短縮します。

1.表閉館時間を午後8時に短縮する区施設等
2.臨時休業や開館時間の短縮をしない施設
都による緊急事態措置の対象外であることや施設の特性を踏まえ、ふれあいの湯および保育園は、感染防止対策を徹底した上で、午後8時以降も運営します。
3.やすらぎ会館の運営
やすらぎ会館の式室利用については、利用者に午後8時までとすることの協力を要請します。
4.大平台みなと荘および箱根ニコニコ高原学園の運営
都県境をまたぐ移動になることから、外出の自粛が求められていることを踏まえ、緊急事態宣言期間中の利用に係る新規の受付を停止します。

■保育園の運営について
国の緊急事態宣言の期間中においても、区内の保育園等は登園の自粛を要請することなく、通常どおり開所します。

1.求職要件により入園した児童
国の緊急事態宣言を受け、保護者の就職活動が困難な状況となっていることから、求職を要件として在園し、在園期間が緊急事態宣言と重なる場合は、保護者の申請により、子どものための教育・保育給付等認定を再認定し、在園期間を3カ月延長し、6カ月在園できることとします。
2.園児の休園についての特例
令和3年1月12日~31日の間、保護者が児童を休園させる場合は、1月の休園とみなし、保育料および給食費を徴収しないこととします(申込期間は1月15日で終了しています)。

■教育活動について
新型コロナウイルス感染症の感染防止対策を徹底した上で、学校運営を継続します。

□幼児・児童・生徒に対する指導
[1]基本的な感染症予防策の徹底
[2]学習活動について
(1)感染症対策を講じてもなお飛沫感染の可能性が高い以下の学習活動を中止します。
(例)音楽における歌唱の活動や管楽器(リコーダー等)を用いる活動、家庭科における調理実習等
(2)感染症対策を講じてもなお飛沫感染の可能性が高い以下の学習活動は短時間で実施します。
(例)グループや少人数等での話し合い活動、児童・生徒が対面で操作したり、顔を寄せ合って観察したりする実験や観察、実習等
(3)オンライン学習等の実施に向けた準備します。
[3]部活動について
(1)部活動の大会・コンクールへの参加、対外試合・合同練習等の実施を中止します。
(2)感染症対策を十分に講じた上で、平日、短時間の身体接触を伴わない個人練習等のみ実施し、それ以外の活動は中止します。
[4]学校行事について
(1)児童・生徒等が学年を超えて一堂に集まって行う行事を中止します。
(2)修学旅行等の宿泊および都県境をまたぐ移動を伴う行事を中止します。
[5]昼食や休憩時間における感染症予防策の徹底
[6]保護者会、学校公開等について
期間内に予定している保護者会や学校公開等、幼児・児童・生徒および教職員以外が来校する行事等を原則として中止します。実施する場合は、来校を避けてオンラインでの開催とします。

■港区ホームページもご覧ください
新型コロナウイルス感染症に関する詳細・最新情報については、港区ホームページをご覧ください。区は、港区ホームページ内「新型コロナウイルス感染症について」のページを毎日更新して情報発信をしています。
また、港区ホームページの画面右下に表示されている「相談チャット」は、24時間いつでも新型コロナウイルスに関する質問にお答えしています。

■ツイッター(Twitter)で日々、港区の各部門の最新情報を発信しています
区の全ての部門でツイッターの公式アカウントを開設しています。新型コロナウイルス感染症に関する情報等、区役所の各部門が取り組んでいる情報を日々、発信しています。港区ホームページの港区公式SNS一覧から関心のある部門のツイッターのページをご覧いただき、フォローしてください。

【表】閉館時間を午後8時に短縮する区施設等

問い合わせ:
・施設の運営について
企画課新型コロナウイルス感染症対策担当【電話】3578-2057・8
・保育園の運営について
保育課保育支援係【電話】3578-2441
・教育活動について
教育人事企画課指導主事【電話】5422-1541
・港区の各部門のツイッターについて
区長室広報戦略担当【電話】3578-2359

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU