文字サイズ
自治体の皆さまへ

5月12日は民生委員・児童委員の日

1/34

東京都港区 ホームページ利用規約等

May 12 is the Social Welfare Worker and Children’s Social Worker Day.

■民生委員・児童委員とは
民生児童委員制度は、前身の済世(さいせい)顧問制度が大正6年5月12日に発足しました。この創設の日を「民生委員・児童委員の日」と定めています。
民生委員・児童委員は、厚生労働大臣から委嘱され、地域住民の身近な相談相手としてボランティアで活動しています。誰もが地域で安心して暮らせるよう、高齢者や障害者、子育て中の人等の福祉に関する相談に応じ、必要な福祉サービスを紹介するとともに、行政等の適切な機関へ橋渡しをする等の活動を行っています。
区には5地区(芝・高輪・麻布・赤坂青山・芝浦港南)の民生委員・児童委員協議会があり、各委員は担当の区域で活動しています。また、主任児童委員は、児童の福祉を専門に担当しています。
民生委員・児童委員には、守秘義務が課せられています。また、個人の人格を常に尊重することも義務付けられています。何か悩んだり困ったりすることがあったら、気軽に民生委員・児童委員にご相談ください。
お住まいの地域の委員を知りたい場合は、お住まいの地域の総合支所区民課保健福祉係へお問い合わせください。

■地域に根ざした活動
□相談・支援
福祉サービスの情報提供
地域の実情把握
・高齢者や障害者のこと
・生活に困っている人のこと
・子どもや妊産婦のこと

□橋渡し
行政窓口への連絡
行政の福祉サービス情報の提供
・区役所・福祉事務所・高齢者相談センター等
・学校・児童相談所・子ども家庭支援センター等

■活動の具体例
▼ひとり暮らし高齢者実態調査事業への協力
区では毎年、65歳以上のひとり暮らしの高齢者の実態調査を行っています。この調査はひとり暮らしの人の連絡先等をお聞きし、緊急時に備えること等を目的に実施しており、民生委員・児童委員も調査に協力しています。
▽コロナ禍でも工夫して活動しています
新型コロナウイルス感染症の影響により、令和3年度の実態調査は郵送対応となりました。
そこで、民生委員・児童委員は、訪問予定だった人に連絡が取れないかと考え、お住まいの地域の委員をお知らせするチラシを作成し、ポスティングしました。
日頃の見守り活動が難しい中であっても、日々工夫しながら民生委員・児童委員活動を続けています。

▼たんぽぽクラブ
0~4歳くらいまでのお子さんと保護者のための交流の場で、現在区内10カ所の児童館等の子育て支援施設で、月に1~2回開かれています。地域の民生委員・児童委員が交流のお手伝いをしていますので、気軽に遊びに来てください。

問い合わせ:
各総合支所区民課保健福祉係
芝地区【電話】3578-3161
麻布地区【電話】5114-8822
赤坂地区【電話】5413-7276
高輪地区【電話】5421-7085
芝浦港南地区【電話】6400-0022
保健福祉課地域福祉支援係【電話】3578-2381

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU