文字サイズ
自治体の皆さまへ

5月31日は世界禁煙デーです

11/34

東京都港区 ホームページ利用規約等

■たばこが及ぼす健康への影響
喫煙は、がんや虚血性心疾患、脳卒中、CシーOオーPピーDディー(慢性閉塞性肺疾患)等との関連性が強く、新型コロナウイルス感染で重症となる可能性が高くなります。また、妊娠中の喫煙は、早産や低出生体重児の出産のリスクを高め、受動喫煙による乳幼児突然死症候群、小児のぜんそく等との関係性が指摘されています。

■たばこの煙の種類知っていますか
たばこの煙には、多くの有害物質が含まれ、がんになる物質(発がん性物質)も含まれています。加熱式たばこもたばこ製品であり、ニコチンをはじめ多くの有害物質が含まれています。
たばこの煙には、喫煙者が直接吸い込む煙「主流煙」以外に、たばこの先から立ち上る煙「副流煙」と喫煙者から吐き出される煙「呼出煙」があります。副流煙や呼出煙を吸い込むことは体に悪い影響があり、これを「受動喫煙」といいます。

■港区の禁煙支援
1.禁煙外来治療費の助成
20歳以上の区民へ禁煙外来治療費の一部を助成しています(詳しくは、広報みなと4月1日号をご覧ください)。
2.港区禁煙支援薬局
区内の禁煙支援薬局で、薬剤師による禁煙相談が無料で受けられます。※禁煙補助剤を購入する場合は費用がかかります。
3.禁煙相談
原則、第2水曜午前にみなと保健所で禁煙相談員による無料の禁煙相談を行っています。相談は対面での面接に加え、電話やオンライン(Microsoft Teams)で行います(予約制)。
※区の禁煙支援、受動喫煙防止対策について詳しくは、港区ホームページをご覧ください。

問い合わせ:健康推進課健康づくり係
【電話】6400-0083

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU