ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

9月議会が開会 補正予算などを審議

8/29

東京都町田市

令和2年(2020年)第3回市議会定例会(9月議会)が8月27日に開会されました。
今議会には令和2年度(2020年度)一般会計補正予算など33議案が提出されました。議案等の内訳は予算5件、条例8件、規約1件、契約4件、訴訟提起2件、道路3件、その他8件、認定2件となっています。会期は今月30日までです。

■予算案
今回の補正予算額は、一般会計が56億5049万3千円、特別会計は、15億3054万2千円の補正を行い、一般会計と特別会計の合計は71億8103万5千円です。
主な内容は次のとおりです。
・新型コロナウイルス感染症の影響により、さまざまな不安を抱えて出産及び育児を行う子育て世帯を支援するため、5月補正予算で措置された国の特別定額給付金の基準日の翌日(2020年4月28日)以降に生まれ、新たに町田市民として住民登録された新生児のいる世帯に対し、新生児1人当たり10万円の臨時特別定額給付金を支給する「新生児臨時特別定額給付金支給事業」
・妊婦の方が安心して産前産後を過ごせるよう、国の第2次補正予算を活用し、本人が希望する場合、分べん前にPCR検査を受けることができる「妊婦向けPCR検査事業」
・新型コロナウイルス感染症の最前線で戦っている市内診療所の支援を目的に、ふるさと納税を活用し、必要な医療物資等を支援するため、特別給付金を支給する「ふるさと納税を活用した医療機関応援事業」
などです。

■条例案・契約案等
・保健所に勤務する職員等が新型コロナウイルス感染症に係る業務に従事した場合の特殊勤務手当の支給限度額について、特例を定めるため、所要の改正をする「町田市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例」
・行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の改正に伴い、関係する規定を整備するため、及びコンビニエンスストアにおいて証明書自動交付サービスを利用した場合の手数料の減額特例措置の期間を延長するため、所要の改正をする「町田市手数料条例等の一部を改正する条例」
・安心して子育てができる環境を整備することを目的として、義務教育就学児の医療費の助成における所得制限を撤廃するため、所要の改正をする「町田市義務教育就学児の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例」
・市民病院において出産する際に、無痛分べんの選択を可能にすることに伴い、無痛分べん加算を新設するため、及び受益者負担の適正化の観点から市民病院駐車場の駐車料金を改定するため、所要の改正をする「町田市民病院使用条例の一部を改正する条例」
・町田市5ヵ年計画の重点事業に掲げられている「健康増進施設の整備」を目的とし、市立室内プールに健康増進温浴施設を増築する工事請負契約を締結する「健康増進温浴施設整備工事請負契約」
などです。

問合せ:総務課
【電話】724・2104

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU