ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

特集 大田原市小中一貫教育〈1〉

4/48

栃木県大田原市

平成30年度から大田原市の全小中学校で、
「子供たちの未来」を見据えた小中一貫教育がスタートします!!

来年度より大田原市内の8中学校区(大田原中学校区・若草中学校区・親園中学校区(*佐久山中学校区)・金田北中学校区・金田南中学校区・野崎中学校区・湯津上中学校区・黒羽中学校区)で小中一貫教育がスタートします。それぞれの学校区の実態に合わせた取り組みを進めるのが大田原市の特徴です。
今年度はモデル地区として若草中学校区と金田北中学校区が先行スタートしています。
*平成30年度より佐久山中学校は親園中学校と統合します。

◆小中一貫教育って何だろう…?
小学校6年間と中学校3年間を連続的にとらえ、小学校と中学校が協力して、児童・生徒を育てることです。
9年間を見通した長期の教育システムと、区分ごとの短期の教育システムを構築することで、教職員間の相互理解を深め、一人一人への連続した支援に取り組み、人間性や学力の向上を図ることができます。
そして、これからの社会を生きていくうえで、主体的に貢献できる実践力を育成します。

〔小中一貫教育のねらい〕
◎確かな学力
○豊かな人間性
○コミュニケーション力
○社会適応力

◇小中一貫教育のながれ

〔Q〕大田原市の小中一貫教育って何だろう?
〔A〕既存の小学校と中学校が、それぞれの特色を生かしながら、義務教育9年間で育てたい子供のイメージを共有して、9年間のつながりを大切にした教育活動を行います。

〔Q〕大田原市の小中一貫教育は、小学校と中学校の建物が一つになるの?
〔A〕今までどおり同じ学び舎で生活をします。

〔Q〕小中一貫教育の実施で今までと変わることは何だろう?
〔A〕中学校の先生が小学校で小学校の先生と一緒に授業をしたり、小学校の先生が中学校で一緒に授業をしたりすることがあります。中学校区によっては、小学校と中学校で連携した行事や活動が実施されることもあります。

小中一貫教育の実施に合わせ、
中学校区でコミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)を導入します。

コミュニティ・スクールとは、学校運営協議会制度を指します。

コミュニティ・スクールとは、学校と地域住民などが力を合わせて学校の運営に取り組むことが可能となる「地域とともにある学校」への転換を図るための有効な仕組みです。コミュニティ・スクールでは、学校運営に地域の声を積極的に生かし、地域と一体となって特色ある学校づくりを進めていくことができます。

◆大田原市の学校運営協議会制度の主な3つの機能
・校長が作成する学校運営の基本方針を承認する。
・学校運営について、教育委員会又は校長に意見を述べる
・個人を除いた教職員の任用に関して、教育委員会に意見を述べる

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル