ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちかどニュース

44/44

栃木県栃木市

市内各地から楽しい話題が届きました!
地域の話題を写真で紹介!

■ふるさとを太鼓のリズムで伝える
平成11年に結成された創作太鼓保存会・西方ふるさと太鼓は、地元の八百比丘尼(おびくに)伝説をストーリー仕立てにした「真名子八百比丘尼太鼓」と「西方城山太鼓」を保存し、伝承していくことを目的に活動しています。西方地域を代表する郷土芸能の勇壮な和太鼓の演奏を、皆さんもぜひ体感してみてください。

■平成最後の綱引き大会
2月17日(日)都賀中学校体育館において、第18回都賀綱引き大会が開催されました。
地域自治会、消防団、商工会、市内の団体8チームが参加し、家族や友人らの応援を受け、勇猛な男たちの戦いが会場を盛り上げました。

■岩舟路を駆け抜ける!
3月3日、第44回栃木市岩舟駅伝競走大会が開催されました。今年からコースが一新され、毎年参加しているチームも心機一転、途中小雨に見舞われながらも、新しい岩舟路を駆け抜けました。ゴール後には毎年恒例の豚汁が振舞われ、雨に濡れて冷えた体を温めてくれました。

■蔵の街を外国人の目線でご案内
市内を訪れる外国人観光客が増加し、観光ボランティアのニーズの高まる中、3月21日「外国人ボランティアガイド育成研修会」が行われました。当日は、市内在住の13人の外国人の皆さんが参加して、ボランティアガイドのノウハウや、県庁堀、山車会館など蔵の街での実際のガイディングを学びました。

■春告げるヨシの炎
3月16日、渡良瀬遊水地にてヨシ焼きが行われました。8時30分に遊水地内の各所にて火入れが行われると、たちまち大きな炎が見られるようになりました。
ヨシ焼きを終え、すっかり一面が黒くなった遊水地。間もなく春植物の発芽が始まり、豊かな自然の息吹を感じさせてくれます。

■体も心も健やかに 〜あったかとちぎ体操〜
3月28日、新北公民館とふるさとふれあい館の二か所で、あったかとちぎ体操が開催されました。
大平地域では18か所で自主的に開催されています。参加する皆さんは、介護予防、転倒予防のための筋力体操に加え、参加者同士の交流も楽しみにされているそうです。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU