ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

街角ぐるっとナビ

8/44

熊本県山鹿市

■両市の友好関係と交流のために
…赤穂市・山鹿市友好親善写真展(11月24日)
山鹿市と姉妹都市協定を結ぶ兵庫県赤穂市の歴史・自然・イベントなどを紹介する写真展が11月23日から26日までの4日間、山鹿市民交流センターで開催され、赤穂市から届けられた24点の写真が展示されました。これは山鹿市文化協会(福島崇実(たかみ)会長)と赤穂市文化協会(萬代新一郎(まんだいしんいちろう)会長)が共催したもので、この日はテープカットで開催を祝いました。福島会長は「両市は平成14年からさまざまな交流を続けてきました。今回は文化交流としては初めての開催となり大変うれしい」とあいさつ。萬代会長は「これを機に文化面でもいろいろな交流をしていきたい」と話しました。

■クラスの絆を深めるハンドボール
…山鹿市小学生親善球技大会(11月24日)
山鹿市総合体育館と鹿本体育館に市内全小学校の6年生が集まり、ハンドボールの親善大会を開催。総勢400人以上、21チームが各パートで熱い戦いを繰り広げました。この大会は平成27年度から全小学校が参加して実施。オムロンハンドボール部の選手らが、大会前に各校を訪れての指導や当日の審判を行うなど、全面協力されています。

■菊池川流域の子どもたちが八千代座の舞台へ集結
…ふるさと自慢こども祭り(11月25日)
八千代座で「ふるさと自慢こども祭り」が開催。菊池川流域の3市1町(山鹿市、玉名市、菊池市、和水町)の児童・生徒ら19団体約500人が八千代座の舞台に立ち、太鼓や演劇、合唱など多彩な演目を披露しました。これは山鹿もてなしたい(山本博(ひろし)代表)が主催し、ことし4月に日本遺産に認定された「菊池川流域の米作り」を記念して行われたものです。
菊鹿小学校は6年生全員で英語劇「米原(よなばる)長者の一日田植え」を披露。誰でも理解できるように簡単な英語を使い、大げさな演技をするなど工夫。客席から大きな笑いが起こっていました。

■認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを目指して
…5者連携協定調印式(11月28日)
山鹿市、一般社団法人鹿本医師会(幸村克典(かつのり)会長)、山鹿市歯科医師会(宮坂圭太(けいた)会長)、山鹿地区薬剤師会(江上祥一(しょういち)会長)、エーザイ株式会社(林秀樹(ひでき)代表執行役日本事業担当兼CIO)の5者で「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり連携協定」を締結しました。本市の高齢化率は35%を超え、認知症の人は平成29年3月末時点で3,192人を把握。地域で認知症の人を支えるために、5者が連携することを約束するものです。
エーザイ株式会社からは認知症フォーラムへのスタッフの派遣や、パンフレットの提供など、人的、物的両面からさまざまなサポートが行われます。

■私たちは守ります「火の用心」
…つぼみ保育園に鼓笛(こてき)隊セットを寄贈(12月14日)
山鹿市幼少年女性防火委員会(新道哲也(てつや)会長)から、つぼみ保育園幼年消防クラブに対し、鼓笛隊セットが寄贈されました。これは一般財団法人自治総合センターが宝くじの助成金で実施する「コミュニティ事業」の一環として行われたものです。
新道会長が「各イベントや防火防災普及啓発活動に活用してください」とあいさつ。同園の隈部久く美み子こ園長が「これからも家族・保育園・地域の皆さんと協力して、防火防災に努めたいと思います」とお礼を述べました。
園児たちは新しい楽器に目を輝かせ、最後に「防火の誓い」を元気いっぱいに誓ってくれました。

■各種大会で好成績を挙げました
…山鹿小学校各部活動代表が市長訪問(12月4日)
山鹿小学校のハンドボール部、女子バスケットボール部、音楽部が各種大会で好成績を挙げ、中嶋憲正(けんせい)市長に報告に訪れました。

○主な成績は以下のとおりです。
ハンドボール部男子:熊本県小学生選手権大会で優勝、全国大会出場。熊日学童五輪大会で優勝、九州大会出場。
ハンドボール部女子:熊日学童五輪大会で準優勝、九州大会出場。
女子バスケットボール部:熊本県選手権大会で準優勝、九州大会出場。
音楽部:九州合唱コンクールで最優秀賞。熊日学生音楽コンクールでグランプリ受賞。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル