ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

「新しい生活様式」における熱中症予防行動

15/34

熊本県氷川町

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐために、一人ひとりが感染防止の3つの基本である「身体的距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗い」や、密集、密接、密閉の「3つの密」を避けるなどの「新しい生活様式」による行動が求められています。
今年の夏はこれまでとは異なる生活環境で過ごすことになります。十分な感染症予防をしつつ、熱中症予防もこれまで以上に心がけましょう。

(1)マスクの着用
高温や多湿の環境でのマスク着用は、心拍数や体感温度が上昇するなど、熱中症のリスクが高まる恐れがあります。
・屋外で十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合は、マスクを外す。
・マスク着用時は強い負荷がかかる作業や運動は避け、こまめに水分補給をする。
・周囲の人との距離を十分にとれる場所で、マスクを一時的に取って休憩する。

(2)エアコンの使用
・エアコン作動時でも定期的に窓を開放し、換気する。
・換気により室内温度が高くなる場合は、温度設定を調整する。

(3)涼しい場所への移動
・少しでも体調に異変を感じたら、すぐに涼しい場所に移動する。
・人数制限などで屋内の施設に入れない場合は、屋外でも日陰や風通しの良い場所に移動する。

(4)日頃からの健康管理
・定期的な体温測定、健康チェックを行い、自分の身体の状態を把握する。
・たくさん汗をかいたときは、水分とともに塩分も補給する。
・体調が悪いと感じた場合は、予定がある場合でも外出を控え、静養する。

問合せ:熊本県 健康福祉部 健康づくり推進課
【電話】096-383-0948

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU