ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

年頭のご挨拶

一覧へ戻る

神奈川県 大和市 クリエイティブ・コモンズ

明けましておめでとうございます。
市民の皆様におかれましては、健やかに新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。旧年中は、本市政に多大なるご理解、ご協力をいただき、心よりお礼を申し上げます。
さて、昨年を振り返りますと、健康都市の実現を目指し、さまざまな事業を実施いたしましたが、新たにオープンした公共施設が多い一年でした。
昨年4月には、中央林間東急スクエア内に「中央林間図書館」や「子育て支援施設」などをオープンしたほか、旧図書館、旧生涯学習センターを改修し、さまざまな人や団体が集う交流の拠点として「市民活動拠点ベテルギウス」をオープンいたしました。8月には旧市営緑野住宅跡地に、学習センターの機能を持ちスポーツ・子育て支援施設などが入った「市民交流拠点ポラリス」を新たに設置するなど、時代の変化に適応すべく、市民の新たな居場所作りや子育て支援施策の充実を図ってまいりました。
また、昨年は、大地震や記録的豪雨など、大きな災害が頻繁に発生した一年でもありました。本市では、市民の皆様が災害から身を守るために最も重要なものが「情報」であるとの認識のもと、以前から防災対策に力を注いでまいりました。昨年は県内自治体で初めて消防ドローン隊を発足し、災害発生時の被災情報などをより正確に把握できる体制を確保したほか、大阪府北部地震の教訓を生かし、ブロック塀等の撤去費用の補助にいち早く着手するなど、スピード感をもって対応を進めてまいりました。
このほか、「70歳代を高齢者と言わない都市 やまと」宣言や「ご遺族支援コーナー」の設置、「赤ちゃんまもるくん2」など、テレビなどで報道され、注目を集める事業を多く実施した一年でもありました。
本年は、平成最後の年になりますが、本市にとっては市制施行60周年を迎える記念すべき年となります。年間を通じてさまざまな記念事業の開催を予定しております。本年も健康都市を目指し、取り組んでまいりますので、よろしくお願いいたします。
大和市長 大木 哲

謹んで新年のお喜びを申し上げます。
市民の皆様におかれましては、新たな期待と希望を持って、健やかに新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。
また、旧年中は、市議会の活動に対し深いご理解とご協力を賜り、厚くお礼を申し上げます。
さて、昨年は、日本列島各地で豪雨や台風、地震という自然災害が相次いだ年でした。犠牲になられましたかたがたに深く哀悼の意を表するとともに、被災されたかたがたが一日も早く安心した生活に戻れますよう祈念いたします。
いつ起こるか分からない自然災害に対しては、日頃からの自助、共助、公助の備えが大切です。市議会といたしましても、市民の皆様とともに、災害に強い街づくりの推進に引き続き努力をしてまいります。
そして昨年は、本市にとって最重要課題の一つである基地問題について、空母艦載機の移駐完了という、大きな節目を迎えました。航空機騒音の軽減を長く求めてこられた、関係各位のこれまでのご努力、ご尽力の積み重ねの成果と承知しております。空母艦載機による激しい騒音は減少してきている状況ではありますが、市民の皆様の基地負担軽減に向け、厚木基地の運用について今後も注視を続ける所存でございます。
市議会は、二元代表制の一翼を担うものとして、地方自治を推進し地域社会の発展に尽くす使命があります。議会基本条例検証委員会を設置し、同条例の検証を行ったところであり、また、一昨年締結した中央大学とのパートナーシップ協定を生かした取り組みについても、さらに進めてまいります。
本年は市制施行60周年の記念すべき年に当たります。市民・行政・議会が一丸となり、大和市の未来へ明るい希望の光を照らしていくことができるよう、努力してまいる所存でございます。
市民の皆様におかれましては、どうか本年も変わらぬご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げますとともに、皆様のご健勝とご多幸を心からお祈り申し上げまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。
大和市議会議長 木村 賢一

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階