ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

「鎌倉市共生社会の実現を目指す条例」を制定しました(1)

1/32

神奈川県鎌倉市 クリエイティブ・コモンズ

■自分らしく、生きる。共に、生きる。
「すべて国民は、個人として尊重される。」
からはじまる日本国憲法第13条は、個人の尊厳及び幸福追求権について規定しています。
私たちの年齢、性別、性的指向や性自認、障害及び病気の有無、家族のかたち、職業、経済状況、国籍、文化的背景などは、それぞれ異なります。
多様な人々が尊重され、どのような立場になろうとも、自分らしくいられる社会が私たちの目指す共生社会です。
近くにいる人の生きにくさに思いをめぐらせてみましょう。
自分らしく生活したくとも、多くの人にとっての「ふつう」や「当たり前」を前提とした社会に、生きにくさや居心地の悪さを感じる人がいます。
「ふつう」や「当たり前」の意味は人によって違うからです。
互いの違いを思いやり、配慮することで、人はみな、共に生きられます。
目に見える事物はもとより、目に見えない、あるいは言葉にできない生きにくさに気づくことが、共生社会への一歩となります。
私たちは、多様性を認め、互いを思い、自分らしく安心して暮らせる社会を、鎌倉市において実現するために、この条例を制定します。
(条例前文)

問合せ:地域共生課【内線】2496

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階