文字サイズ
自治体の皆さまへ

福井の眼鏡産業は麻生津から始まった! 福井が舞台の「おしょりん」が映画化

6/28

福井県福井市

—兄ちゃん、ほんまや。おしょりんや。
どこ歩いてもええんやなあ。おれ、汽車を見てみたいんや。線路をたどっていったら、もっともっと遠くまで行けるんやろ。兄ちゃん、汽車の見える場所まで連れてってくれや。

小説「おしょりん」より

■福井の眼鏡の源流
現在、鯖江の名で世界的に有名な福井の眼鏡産業ですが、その源流が福井市の麻生津地区にあることをご存じでしょうか。
福井の眼鏡の歴史は、明治38年に足羽郡麻生津村生野(現在の福井市生野町)の豪農だった増永五左衛門が、村の冬の内職のために眼鏡フレーム作りを始めたことに端を発します。
福井産眼鏡は、今でこそ日本製眼鏡のシェア9割を誇るまでになっていますが、そこに至る道のりは、決して平坦なものではありませんでした。
資金や材料の手配から、人材の確保、販路の拡大など、あらゆる面で課題は山積み。新興の福井産眼鏡が都市部で売り上げを伸ばすためには、顧客からの要望に応えられる高い品質の製品が必要でした。
そこで優れた製品作りに貢献したのは、「帳場制」という独自の製造体制だったと言われています。「増永一期生」と呼ばれた高い技術を持った職人たちを親方とする職人グループ(帳場)を作り、その下に弟子たちが置かれました。各帳場同士が互いに腕を競い合いながら、熱意を持って取り組んだことで、福井の眼鏡フレームの品質は飛躍的に向上したのです。
明治44年には、増永家の親族で麻生津村角原(現在の角原町)に住んでいた清水与右衛門が、眼鏡レンズの加工技術を導入します。「モミヂ印レンズ」と銘打たれたレンズは、増永工場に持ち込まれ、大きく売り上げを伸ばしました。
五左衛門の眼鏡フレーム作りにレンズ加工が加わり、さらにはメッキやセルロイドフレームなどの新しい技術も次々と発展し、麻生津村内で完成品としての眼鏡を一貫生産する体制が整っていきました。
麻生津村で生まれた眼鏡産業は、その後、増永分工場の置かれた河和田村(現在の鯖江市河和田町)から、鯖江へと広がります。
福井の眼鏡は、後に戦争で軍需産業への転換が強いられるまで、満州、中国、インドなど、海外にも輸出されました。昭和8年には昭和天皇への献上品を製作し、昭和45年には大阪万博のタイムカプセルに収納する眼鏡に選ばれるなど、福井の眼鏡は世界へ羽ばたいていったのです。

■福井を舞台に映画化
そんな福井の眼鏡史の黎明(れいめい)期を描いた映画「おしょりん」が、令和5年秋に公開予定です。
原作は、作家の藤岡陽子さんによる同名の小説。増永五左衛門とその妻むめ、弟の幸八たちによる奮闘の物語です。
先月、福井出身の制作スタッフや地元市民の協力と応援に支えられながら、撮影が行われました。市内では、猿田彦神社(冬野町)や、おさごえ民家園、五太子の滝(五太子町)が、撮影地に選ばれています。
主役の増永むめ役に北乃きいさん、五左衛門役に小泉孝太郎さん、幸八役に森崎ウィンさん。福井ゆかりの俳優、津田寛治さんや榎木孝明さんも出演します。
映画のタイトルになっている「おしょりん」とは、福井の古い方言で、厳しい冬が明けるころ、日中の日差しでざらめ状に溶けた積雪の表面が、再び翌朝の冷え込みで硬く凍った状態のことを指します。
道のあるところもないところも、普段は田んぼがある場所も、見渡す限り一面の雪の上を足が沈まずにどこまでも歩いていける。あの何とも言えない自由で爽快な感覚は、今も年配の皆さんの記憶の中に残っているのではないでしょうか。
そうした福井の原風景や古くからの福井の方言やなまりなどが、映画の中でどう描かれるのかも、鑑賞する上で楽しみなところです。公開がとても待ち遠しいですね。

◆原作「おしょりん」を読んで映画をもっと楽しもう!
▽あらすじ
村をあげての羽二重織産業が失敗に終わり、農業だけが頼りとなっていた貧しい村に、増永五左衛門の弟幸八が大阪から眼鏡を持ち帰る。「眼鏡作りを始めて、この村の基幹産業にしよう」。
しかし、新しく事業を始めることの厳しさを思い知っていた兄は、なかなか首を縦には振らなかった。
あるとき五左衛門たちは、学力不足を理由に小学校を退学になっていた村の娘ツネが、初めて眼鏡を掛ける瞬間に立ち会う。黒板の文字が読めず勉強が進まなかったのは、ただ視力が悪いだけだったのだ。
眼鏡が一人の人間の人生を変えうる――。その日から、五左衛門をはじめとする村人たちの眼鏡作りが始まった。
これから日本に教育が普及し、読書をする人が増える。きっと眼鏡はなくてはならないものになるだろう。
幾多の試練を乗り越え、互いに支え合い、ねじの一本にまで神経を行き届かせた頑丈な眼鏡が完成。五左衛門の名で出品された眼鏡は、内国共産品博覧会で見事、有功一等賞金牌をとった。
五左衛門と幸八は、眼鏡産業の発展と希望を朝日の光に重ね合わせ、真っ白な「おしょりん」の上に立つ。

「おしょりん」
藤岡陽子/著
出版:ポプラ社

問合せ:新幹線プロモーション課
【電話】20-5677【FAX】20-5733

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU