文字サイズ
自治体の皆さまへ

私にもできる こんなこともSDGs!

8/38

福井県鯖江市

さばえSDGs推進センター発

■「食品ロス削減でSDGs!食べ残しや余った食材を減らそう!」
日本では、毎日1人当たり茶碗1杯分、年間約600万トンの食材が、食べずに捨てられています。ごみとして出された食べ物は、廃棄のための焼却や運搬などの過程で気候変動の原因となる温室効果ガスを排出してしまいます。その一方で、世界人口の約9人に1人(8億2千万人)が食糧難による慢性的な栄養不良に直面していると言われています。私たちが日々の生活の中で、必要なものを必要なだけ購入し、余っている食品は寄付するなど、食材を有効に活用することが、廃棄される食品(食品ロス)を減らすことに繋がり、環境にも良いと言えます。

◇家庭で余っている食品を寄付する「フードドライブ」にご協力を
市では家庭で余っている食品を持ち寄り、必要としている人に提供する「フードドライブ」活動を行っています。ぜひご協力ください!
回収期間:11月29日(月)~12月12日(日)
※ハーツ店舗は12月10日から回収
回収場所:地区公民館、市役所、ハーツさばえ店・神中店

■「SDGs推進の取り組みで市と連携している仁愛大学の学生が、SDGs推進と地域への感謝を込めた花火大会を開催!」
10月9日(土)、地域感謝×SDGs花火大会が開催されました。この花火大会は、仁愛大学の安彦ゼミ生の有志9人が主体となり、コロナウイルスで花火大会が中止になって悲しんでいる地域を活気づけたい、普段からお世話になっている地域の皆さんに感謝を伝えたいという思いで企画され、当日は、約500発の大迫力の花火に歓声が上がりました。この日のために、上木銃砲火薬店と学生が花火の内容について何度も打ち合わせを行い、はぴりゅうやメガネ、きくりんなど地元の人に馴染んだキャラクター花火をはじめ、SDGsにちなんだ円環のマークや17色のカラフルな花火も打ち上げられました。開催するにあたり、学生が県内の企業を回り、62の企業・個人の皆さんに賛同していただきました。

◇『あつまれどうぶつの森』×『地域感謝×SDGs花火大会』の動画配信中!
着物好きな若者があつまるグループ「きものっこ」やユーチューバーのかずえちゃん、インスタグラマーの村上姉妹(妹)さん、さばえSDGs推進センターのサマンサさんをお招きし、「あつまれどうぶつの森」とコラボレーションした動画の撮影を行いました。
作成した動画は、YouTubeで配信中!

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU