ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

ホタルの季節がやってきます

一覧へ戻る

福岡県大野城市

牛頸川でホタルの飛び交う季節が近づいています。ホタルは、豊かな緑や水質のきれいな川などの自然環境が残されているところに生息します。
ホタルが生息する牛頸川の環境は、ホタルの保護と繁殖のため、昭和60年からホタルの幼虫にえさを与えたり、川を清掃したりしている「牛頸ホタル部会」の皆さんの日々の活動によって保たれています。
ホタルとその周囲の環境に感謝し、ホタルが生息できるように、自然環境を守りましょう。

■ホタルの見頃
時期:5月下旬~6月上旬
時間:午後7時半~8時半
※雨の後など、湿度が高く、風のない夜は特に多く見られます。
臨時駐車場:井手2号公園〔牛頸ダム下〕
※期間中は混雑が予想されます。環境保全のためにも公共交通機関を利用してください。
公共交通機関:西鉄下大利駅発
・西鉄バス21番(平野ハイツ行または月の浦営業所行)「平野ハイツ入口」下車、徒歩約20分
・西鉄バス23番(月の浦営業所行)「原」下車、徒歩約15分

■守ってね!ホタル見物のマナー

◇ホタルは光を嫌います
車のライトや懐中電灯の光などを絶対にホタルに向けないでください。
カメラのフラッシュではホタルは写りません。フラッシュのスイッチは必ず切ってください。

◇ホタルのいる場所では喫煙・飲食禁止です
タバコの煙はホタルの大敵です。
また、飲食のクズや容器でホタルのすみかが汚されます。ごみは必ず持ち帰り、川などに絶対捨てないでください。

◇ペットを連れて来ないで
子どもが犬を怖がったり、高齢者がリード(散歩ひも)で転んだりしています。見物は夜間であることを考えて、ペットは連れて来ないでください。

◇午後9時には帰りましょう
午後9時を過ぎると、ホタルはあまり飛びません。光も草むらの中で分からない程度になります。

◇ホタルを持ち帰らないで
ホタルは育った水でなければ生きていけません。手の中にとまったホタルも、そっと放してください。成虫の命は約2週間、その間は水だけを飲んで、皆さんを楽しませてくれます。

◇路上駐車や私有地への立ち入りは禁止です
係員の指示に従い、所定の駐車場や見物場所を利用してください。民家などの迷惑にならないよう気を付けましょう。

問合せ:環境・最終処分場対策課環境政策担当
【電話】580-1886

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階