ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

8月からは新しい限度額認定証が必要です 限度額認定証の手続きはお早めに

16/32

福島県伊達市

■限度額認定証(認定証)とは
医療費が高額になる場合、医療費の支払いを一定額(限度額)で済ませることができる制度です。申請月の1日から適用され、有効期限は7月31日です。

■更新のお知らせを送付します
国民健康保険被保険者で、すでに認定証の交付を受けている人に、7月上旬に認定証の更新のお知らせと申請書を送付します。
※後期高齢者医療被保険者で、すでに認定証の交付を受けている人は手続き不要です。対象者には保険証に同封して送付します。

■申請前に確認を
・国民健康保険税の滞納がある場合
・世帯内に所得未申告の人がいる場合
 ↓
認定証を交付できない場合があります。未申告者がいる場合は必ず所得申告をした上で申請してください。

■申請方法
受付先:国保年金課または保原を除く各総合支所市民福祉係
持参するもの:身分証明書(運転免許証、マイナンバーカードなど)、マイナンバーのわかるもの、保険証、世帯主の印鑑(後期高齢者医療被保険者の場合は本人の印鑑)
※別世帯の代理人が申請する場合は委任状が必要です。

■申請対象
(1)70歳未満の国民健康保険被保険者
(2)70~74歳の国民健康保険被保険者または後期高齢者医療被保険者で、住民税課税所得が145万円以上690万円未満の人
(3)70~74歳の国民健康保険被保険者または後期高齢者医療被保険者で、住民税非課税世帯の人

■国民健康保険加入者(70歳未満)の自己負担限度額(月額)

※1 基準総所得額=前年の総所得額等-基礎控除33万円
※2 91日以上入院した場合は、申請により、申請した月の翌月1日から160円

■国保高齢受給者(70~74歳)、後期高齢者医療制度加入者の自己負担限度額(月額)
※所得区分が下表の黄色の部分に該当する人は、申請が必要です

※3 住民税非課税世帯(低所得者Iを除く)
※4 住民税非課税世帯で、必要経費や基礎控除などを差し引いた所得が0円となる世帯(年金収入は80万円まで)
※5 後期高齢者医療制度加入者は1割

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU