文字サイズ
自治体の皆さまへ

心のバトンをつないで 小高区4小学校合同閉校記念式典

1/25

福島県南相馬市

地域住民に温かく見守られながら歴史と伝統を築き上げてきた小高小、福浦小、金房小、鳩原小の4校の閉校記念式典が、3月27日に小高小学校で、閉校記念事業実行委員会の主催で執り行われました。
堀内洋伯実行委員長のあいさつと、藤巻国孝校長から式辞が述べられ、各校の代表児童から門馬市長に校旗が返納されました。新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、式典の参加者は在校生と教職員などに限定して開催され、一般の方のために小高交流センターで式典を中継しました。
終了後、福浦、金房、鳩原の各小学校で、それぞれに設置された閉校記念モニュメントの除幕式が行われました。

◆児童代表の言葉(要旨)
小高・福浦・金房・鳩原小学校 佐藤 萌さん

春の温かい日差しの中、ついにこの日が来てしまいました。今日は、小高区4小学校が閉校する日です。最後の卒業生となった私たち6年生は、鹿島区のプレハブの校舎に入学しました。そして3年生の時に、この小高区4小学校の校舎にやってきました。
ここでは、1つの教室の中に、4種類の運動着を着た友達がいました。もしかしたら別の小学校だったかもしれない友達と一緒に生活できたこと、小高区4小学校だからこそできた思い出がたくさんありました。また、総合的な学習の時間にそれぞれの学校のことを学びました。4つの小学校が閉校してしまうと思うと、悲しい気持ちになる方がたくさんいらっしゃると思います。私たちも、とてもさみしいです。
しかし、私たちは多くの先輩方が大切にしてきてくださった、「みんなで仲良く過ごすことの喜び」「つらいことにも負けない強さ」「人とつながることのうれしさ」「だれかのために一生懸命働く心地よさ」これらのたくさんの心のバトンをしっかり受け継ぎました。
多くのことを学ばせてくださった、この小高区4小学校に通えたことを、私たちは誇りに思います。4月から「小高小学校」として新たなスタートを切る在校生のみなさん、先輩方から受け取った心のバトンを、この先もずっとつなげていってください。みなさんの頑張りを、心から応援しています。
最後に、皆さんで一緒に、小高・福浦・金房・鳩原小学校にお礼を言いましょう。ありがとうございました。

◆震災後の各校のあゆみ
平成23年4月 小高小は鹿島小で、福浦小は八沢小で、金房小と鳩原小は上真野小で授業を再開
8月 小高小が鹿島小校庭のユニット校舎へ移動
10月 小高小が鹿島小1階へ、福浦小が八沢小校庭のユニット校舎へ移動。金房小と鳩原小が鹿島小校庭のユニット校舎へ移動し、2校合同運営を開始
11月 福浦小が鹿島小校庭のユニット校舎に移動
平成24年4月 小高小、金房小と鳩原小(2校合同運営は継続)が鹿島中仮設校舎へ移動
平成25年4月 福浦小が鹿島中仮設校舎へ移動し、金房小と鳩原小との3校合同運営を開始
平成28年4月 鹿島中仮設校舎で小高小、福浦小、金房小、鳩原小の4校合同運営を開始
平成29年4月 小高小校舎で4校合同運営を開始、小高区内での学校運営を再開
令和3年3月 小高区4小学校合同閉校記念式典を挙行

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU