文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和4年年頭のごあいさつ(2)

3/32

福島県国見町

■国見町議会議長 東海林一樹
明けましておめでとうございます。
町民の皆様には、希望にあふれた輝かしい令和4年の新春を迎えられたこと、心からお喜び申し上げます。
町議会に対し、日頃よりご支援とご協力をいただき、議員一同、深く感謝とお礼を申し上げます。
さて、昨年2月に発生しました福島県沖地震や4月の凍霜による樹園地への被害など、自然災害が多く発生した一年でした。あらためて、被災・被害に遭われた方々に対し、心からお見舞い申し上げます。
また、新型コロナウイルス感染症拡大は全世界に蔓延しており、いつ収束するかも分からない不透明な状況にあります。マスクなど感染防止対策をした生活は今後も続くものと考えられます。議会におきましても、コロナ禍で議会報告懇談会や行政調査の中止等、様々な議会活動が著しく制限されている状況です。
まずは、最優先で新型コロナウイルス感染症対策をしっかり講じることが肝要であります。また、所得の減少により経済的にも窮地に立たされている町民の方もいる状況でありますので、引き続き町の現状を把握し、必要な支援をできるだけ早く届けられるよう町執行部と協力しながら取り組んでいます。
町長と同様に町民から直接選ばれる二元代表制の一翼を担う議会は、その機能を十分に発揮していくためにも、議会としての自主性を高め、自らの判断で権限を行使することが求められています。
結びに、町民皆様がご健勝で幸多い素晴らしい一年になりますようご祈念申し上げ新年のごあいさつといたします。

■ふくしま未来農業協同組合代表理事組合長 数又清市
謹んで初春のお慶びを申し上げます。新春を迎え皆様方におかれましては想いや気持ちも新たな中で穏やかにお迎えになられたことと存じます。この一年が地域の皆様にとって災いのない実り豊かな年となりますよう、さらに皆様方のご健勝を心よりご祈念申し上げます。
今年の干支は「寅」であり、虎は毛皮の模様から前身が夜空に輝く星と考えられていた存在で「決断力・才知」の象徴としての意味合いや「壬寅(みずのえとら)」は厳しい冬を超えて芽吹き始め、新しい成長の礎となるイメージでもあります。今年こそ、コロナの早期終息と新たな成長を期待したいものです。
さて、昨年を顧みますと生活面においては2月13日に発生した福島県沖地震は震度6強により管内の多くの住宅・施設等が甚大な被害を受けました。コロナ禍も緊急事態宣言・蔓延防止対策・デルタ株変異の猛威等災害級で生業は一変、秋冬期は安心の一途、しかし、オミクロン変異株の発生により注視すべき状況にあります。一方、農畜産物は観測記録上最も早い桜・果実の開花となり4月11日を中心とした凍霜害により甚大な被害が発生しました。また、主食である米価についてはコロナ禍による外中食の需要減退、個人消費減退により大幅な全国的下落となりました。JAとして、遊休農地化の防止や次期作支援の観点から基肥・防霜ファン・種籾等の助成支援策を緊急実施致しました。次年度作付けへの一助となる事を期待しております。
ふくしま未来農業協同組合は経営理念である「未来への心をつなぐパートナー」〝農をはぐくみ地域をつなぐ〟を合言葉に「地域農業振興」を第一に将来に繋がる新たな農業者確保への挑戦として「JAふくしま未来型・のれん分け方式」の仕組みづくりの展開を関係行政機関等との連携を更に強固なものとして進めて参ります。
結びに、本年が地域の皆様方にとって幸多き年となりますように心からご祈念申し上げご挨拶と致します。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU