文字サイズ
自治体の皆さまへ

榛東村ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種費用助成金交付の開始のお知らせ

13/25

群馬県榛東村

村では、子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の積極的勧奨の差し控えにより、定期接種の対象年齢を過ぎて自費で任意接種した方に、令和4年10月1日から償還払いによる助成金の交付を開始しました。対象の方は、榛東村保健相談センターへ申請をしてください。

対象者:以下の(1)~(5)を全て満たす方
(1)令和4年4月1日時点で榛東村に住民登録がある方
(2)平成9年4月2日から平成17年4月1日までの間に生まれた女性
(3)高校1年時の3月31日までにヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種において3回の接種を完了していない方
(4)高校2年時の4月1日から令和4年3月31日までに日本国内の医療機関で2価ワクチン(サーバリックス)又は4価ワクチン(ガーダシル)の任意接種を受け、自費を負担した方
(5)助成金を受けようとする接種回数分について、キャッチアップ接種を受けていない方

助成額:接種費用の実費相当額(最大3回接種分)
※接種に要した交通費、宿泊費、申請手続きに必要な書類の発行に要した文書料等は含みません。
※領収書等で接種費用を確認できない場合、助成額は村が定める額になります。

申請期限:令和5年3月31日まで(令和7年3月31日まで延長される予定)

申請方法:以下の書類を榛東村保健相談センターの窓口または郵送で申請してください。
(1)榛東村ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種費用助成金交付申請書(別記様式第1号)
(2)接種費用の支払いを証明する書類(領収書および明細書、支払い証明書等)※原本
※紛失等により提出できない場合、助成額は榛東村が定める額になります。
(3)予防接種記録が確認できる書類(母子健康手帳、予防接種済証書、または接種済みの記載がある予診票の写し等)
※提出できない場合は、「ヒトパピローマウイルス感染症に係る接種費用助成金交付申請用証明書(別記様式第2号)」が必要です。
接種を受けた医療機関にご相談ください。
(4)振込希望先金融機関の通帳またはキャッシュカード(写し)
※申請に必要な書類は、榛東村保健相談センター窓口で配布、または村ホームページからダウンロードできます。

問い合わせ先:榛東村保健相談センター
【電話】0279-70-8052

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU