文字サイズ
自治体の皆さまへ

3年度予算の概要(3)

3/14

群馬県

■重点施策5 財政の健全性の確保
事業の見直しやネーミングライツの新規導入、クラウドファンディング型ふるさと納税など、自主財源の確保に取り組みます。また事業見直しなどにより、災害など緊急時の備えとして財政調整基金を確保した他、投資的経費などを抑制することにより、臨時財政対策債や減収補てん債を除く県債発行額・残高を縮減しました。

◇歳入(自主財源)の確保
現在8施設のネーミングライツを導入しています。今年度は新たに群馬の森やぐんま昆虫の森など11施設への導入を検討します。
またクラウドファンディング型ふるさと納税を引き続き実施する他、本県の魅力発信にもつながる特産品や返礼品を充実させるなど、積極的に寄付を募ります。
体験型返礼品の例:
・カヌー体験(奥四万湖)
・ジップライン(草津温泉スキー場)

◇事業の見直しによる基金残高の確保
財政の健全性を確保するため、計254件(8.1億円)の見直しを行い、財政調整基金残高を24億円確保しました。また新型コロナウイルス感染症対策やCSF(豚熱)などの不測の事態に対応するため、予備費7億円を計上しました。今後も事業の見直しを進めていきます。

◇県債残高の縮減
臨時財政対策債や減収補てん債を除く県債の発行を76億円抑制し、その残高を2年度2月補正後に比べ62億円縮減できる見込みとなっています。

問い合わせ先:県庁財政課
【電話】027-226-2091

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU