ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

6月1日(月)から7日(日)は、第62回「水道週間」です

9/24

茨城県五霞町

水道週間スローガン『飲み水を 未来につなごう ぼくたちで』

水道週間のこの機会に水道についての理解を深めましょう。

◆町の水道施設について
◯川妻取水場
利根川の表流水を川妻浄水場に送る施設です。

◯小手指配水場
埼玉県行田浄水場で作られた水道水を受水し、川妻浄水場へ送水しています。

◯川妻浄水場
川妻取水場から送られてきた利根川の表流水を塩素処理・ろ過処理等を行った水道水と、小手指配水場を経由して送られてきた埼玉県の水道水とともに各家庭に配水をしています。

◆水道の届出はお早めに
次のような場合は届出が必要になりますので、上下水道課までご連絡ください。

1.水道を開始するとき
・町内で転居するとき
・アパートに入居するとき
・一時中止していた水道の使用を再開するとき

2.水道を休止するとき
・町内へ転居するとき
・町外へ転出するとき
・長期不在となるとき

3.使用者を変更するとき
・使用者が死亡したとき
・使用者が代わったとき

◆水道のメーター検針について
正確な検針を行うため、次の事項にご協力をお願いします。
・水道メーターボックスの上には物を置かないでください。
・水道メーターボックスの中はいつもきれいにしてください。
・犬は放し飼いにしないで水道メーターボックスから離して繋いでください。
・家の増改築のとき水道メーターボックスが床下や屋内にならないようにしてください。

◆飲料水の確保
災害が発生した場合、行政等による救援体制が整うまでに、およそ3日間を要するといわれています。それまでは、各家庭で備蓄している飲料水等で生命を維持しなければなりません。
万が一の災害に備えて、みなさんのご家庭でも、一人あたり1日3ℓの飲料水を3日分備蓄しましょう。

問合せ:上下水道課 水道G
【電話】84-3000(直通)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU