ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

ダブル予防 新熱中症予防×コロナ感染防止で「新しい生活様式」を健康に!

1/24

茨城県五霞町

暑い日が続くこの時期は、マスク着用により、熱中症のリスクが高まります。
マスクを着けると皮膚からの熱が逃げにくくなったり、気づかないうちに脱水になるなど、体温調節がしづらくなってしまいます。
また、「新しい生活様式」とは、(1)身体的距離の確保(2)マスクの着用(3)手洗いの実施や「3密」を避ける等を取り入れた日常生活のことです。
暑さを避け、水分を摂るなどの「熱中症予防」と、マスク、換気などの「新しい生活様式」を両立させましょう。

◆熱中症を防ぐためにマスクをはずしましょう≪ウイルス感染対策は忘れずに!≫
・屋外で人と2m以上(十分な距離)離れている時

▽マスク着用時は
・激しい運動は避けましょう
・のどが渇いていなくてもこまめに水分補給をしましょう
・気温・湿度が高い時は特に注意しましょう

◆暑さを避けましょう
・涼しい服装、日傘や帽子
・少しでも体調が悪くなったら、涼しい場所へ移動
・涼しい室内に入れなければ、外でも日陰へ

◆のどが渇いていなくてもこまめに水分補給をしましょう
・1日あたり1.2L(リットル)を目安に
・大量に汗をかいた時は塩分も忘れずに

◆エアコン使用中もこまめに換気をしましょう(エアコンを止める必要はありません)
《注意》一般的な家庭用エアコンは、室内の空気を循環させるだけで、換気は行っていません
・窓とドアなど2か所を開ける
・扇風機や換気扇を併用する
・換気後は、エアコンの温度をこまめに再設定

◆暑さに備えた体づくりと日頃から体調管理をしましょう
・暑さに備え、暑くなり始めの時期から、無理のない範囲で適度に運動(「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度)
・毎朝など、定時の体温測定と健康チェック
・体調が悪い時は、無理せず自宅で静養

●知っておきたい 熱中症に関する大切なこと
▽熱中症による死亡者の数は真夏日(30℃)から増加
35℃を超える日は特に注意!
運動は原則中止。外出はなるべく避け、涼しい室内に移動してください。

高齢者、子ども、障害者の方々は、熱中症になりやすいので十分に注意しましょう。
周囲の方からも積極的な声かけをお願いします。

問合せ:健康福祉課 健康支援室
【電話】84-0006(直通)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU