文字サイズ
自治体の皆さまへ

5月は消費者月間です~「消費」で築く新たな日常~

7/43

茨城県古河市

令和2年度に古河市消費生活センターへ寄せられた相談件数は894件でした。
寄せられた相談の中で多かった内容は、火災保険金を利用した住宅修理の勧誘や、通販サイトにおける初回低価格の定期購入です。契約をする時は慎重に判断し、被害に遭わないよう気を付けましょう。

Q.解約条件日を過ぎての解約はできますか
いつでも解約できるという美容液の定期購入をインターネットで申し込んだ。初回は4,000円だったが、2回目以降の価格は10,000円であることが分かった。そのため、解約しようとしたが、次回発送予定日の7日前までに連絡しないと解約できないと言われた。よく見ると規約に小さい文字で書かれてあったが、2回目以降の契約を解約することはできるのか。

A.センターからのアドバイス
いつでも解約が可能としている商品であっても「〇日前までに連絡が必要」と解約条件を設定している場合が多くあります。解約条件が定められていると、設定された条件以外では解約することはできません。
契約をする前に、規約をもう一度読み直して確認したり、購入時の最終確認画面を印刷して契約内容を記録したりしておきましょう。

問合せ:古河市消費生活センター(【古】商工観光課内)
【電話】23-1718

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU