文字サイズ
自治体の皆さまへ

【やさしい福祉のはなし】ご存じですか?児童扶養手当and特別児童扶養手当

14/29

茨城県大子町

■児童扶養手当
父母の離婚などにより、父または母と生計を共にしていない児童の父または母に代わってその児童を養育している方に対し、手当を支給します。

▽手当の対象となる児童
手当の対象となる児童は、次の支給要件のいずれかに該当する児童です(児童とは、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童をいいます)。
ただし、心身におおむね中度以上の障がい(特別児童扶養手当2級と同じ程度以上の障がい)がある場合には20歳未満までとなります。
・父母が離婚した児童
・父または母が死亡した児童
・父または母が重度の障がいにある児童
・父または母の生死が明らかでない児童
・父または母から1年以上にわたり遺棄されている児童
・父または母が1年以上にわたり拘禁されている児童
・母が婚姻しないで生まれた児童
・棄児などで、母が児童を懐胎した当時の事情が不明である児童

▽手当の支給対象とならない場合
父または母が重度の障がいにある場合を除き、上記のいずれかに該当する場合でも児童が父または母と生計を同じくしている場合や、児童が児童福祉施設に入所している場合等は、手当は支給されません。

支給月額

※手当の月額は法令の改正により増減する場合があります。
※一部支給は、受給者の所得により10円単位で決定します。

▽所得による支給制限
受給資格者、その配偶者および扶養義務者の令和3年度(令和2年分の)所得が、右表の限度額を超えている場合、令和3年11月から令和4年10月までは、手当の全部、または一部が支給停止になります。

受給資格者等の所得制限限度額表

■特別児童扶養手当
心身または精神に障がいのある20 歳未満の児童を家庭で養育している保護者の方に手当を支給します。ただし、保護者または扶養義務者に一定額以上の所得がある場合は、支給停止となります。

▽手当の対象となる児童
・身体障害者手帳のおおむね1級、2級および3級程度に該当する方(内部的疾患を含む。)
・療育手帳の判定が○A・A・B程度の知的障害または同程度の精神障害の方(身体障害者手帳、療育手帳をお持ちでない方も対象になる場合もあります。)

▽手当の支給対象とならない場合
前記のいずれかに該当する場合でも、児童が施設に入所している場合、児童が障がいによる公的年金を受けることができる場合、申請者および児童が日本国内に住所がない場合には、手当は支給されません。

・支給月額(児童1人につき)
1級…52,500円
2級…34,970円

▽所得による支給制限
請求者(本人)や配偶者および扶養義務者の方の所得が右表の限度額以上である場合は、その年度(8月から翌年7月まで)の手当の支給が停止となります。

受給資格者等の所得制限限度額表

※これらの手当は、申請をしなければ受けることができませんので、ご注意ください。

問合せ:福祉課 社会福祉担当
【電話】72-1117

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU