ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症の影響に関連するお知らせです1

11/23

茨城県常総市

◆市税納付が困難な方には猶予制度があります
新型コロナウイルス感染症拡大の影響などで、市税を一時的に納付できない方のために猶予制度があります。新型コロナウイルス以外の理由(災害・病気・事業の休廃止など)でも猶予制度を申請することができます。まずは(水)税務課までお電話でご相談ください。

問合せ:(水)税務課
【電話】内線1520

◆国民年金保険料の納付が困難な方へ
新型コロナウイルス感染症の影響により2年2月以降に収入が減少した場合は、臨時特例措置として本人申告の所得見込額を用いた簡易な手続きにより、国民年金保険料の免除申請が可能です。
対象者:新型コロナウイルス感染症の影響により2年2月以降に収入が減少し、当年中の所得見込額が国民年金保険料免除基準額相当程度まで下がった方
※免除の判定において、世帯主および配偶者も審査の対象です。
免除対象期間:2年2月から6月分まで
申請方法:年金事務所へ郵送で申請
※申請書は、年金機構ホームページからダウンロード可能です

問合せ:下館年金事務所
【電話】0296-25-0829

◆国民健康保険税の納入について
今年度の納税通知書を7月中旬に郵送します。

◇納付月
普通徴収および口座振替の方:1期~9期(7月~翌年3月の毎月)
年金特別徴収の方(65歳から74歳までの国保のみの世帯):1期~6期(4月~翌年2月の偶数月)
※コンビニエンスストアでも納付できます。
※口座振替および特別徴収の方へは、納付書は送りません。

◇軽減・免除等
・世帯内の総所得が一定基準以下の場合の、軽減対象となる基準額範囲が拡充されました。
・非自発的失業者(会社都合や雇止めなどによる離職)に該当する場合、申請により保険税を軽減できる制度があります。
・新型コロナウイルス感染症の影響による減免の対象となる方については、申請により減免を適用します。
・新型コロナウイルス感染症の影響により、納期までの支払いが困難な場合は、徴収猶予の「特例制度」対象となる場合があります。(税務課)

▼減免の対象となる方
(1)新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った世帯の方⇒全額免除
(2)新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少(※)が見込まれる世帯の方⇒保険税の一部を減額
※一部減額される具体的な要件(1)~(3)すべてに該当

▽世帯の主たる生計維持者について
(1)事業収入や給与収入など、収入の種類ごとに見た収入のいずれかが、前年に比べて10分の3以上減少する見込みであること
(2)前年の所得の合計額が1000万円以下であること
(3)収入減少が見込まれる種類の所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること
※世帯内に所得未申告の方がいる場合、軽減や減免ができませんので、必ず申告をしてください。

◇必要書類
・様式第1号(第3条関係)「国民健康保険税の災害等に係る減免申請書」
・上記(1)による申請の場合医療機関の診断書等,原因が確認できるもの
・上記(2)による申請の場合様式第2号(第3条関係)「収入状況等申告書」
ア.確定申告書の写しや源泉徴収票の写しまたは売上帳簿等の写しなど,前年および今年の収入と所得が記されているもの
イ.廃業や失業の場合は,廃業等届出書や離職証明書等

◇申請期間
7月21日(火)~3年3月24日(水)

問合せ:
(水)健康保険課【電話】内線1220
(石)暮らしの窓口課【電話】内線8015

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU