文字サイズ
自治体の皆さまへ

一杯の お酒で狂う 目と心 年末の交通事故防止県民運動

6/15

茨城県常陸太田市

年末に向けて飲酒の機会が増えるこの時期は、飲酒運転による交通事故の発生が懸念されるほか、時節的な慌ただしさや帰省等に伴う交通量の増加、積雪や凍結等に起因する重大事故の発生も予想されます。安全運転と安全行動を心がけ、年末の交通事故を防ぎましょう。

実施期間:12月1日(火)~15日(火)

■運動の重点
▽子どもと高齢者の交通事故防止(特に横断歩行者の保護)
子どもや高齢者などの歩行者への思いやりのある運転を心掛けましょう。横断歩道は歩行者が最優先です。横断歩道を横断しようとする歩行者がいる場合、車両は横断歩道の手前で一時停止しましょう。

▽夕暮れ時と夜間の交通事故防止
夕暮れ時、ドライバーや自転車利用者は、早めにライトを点灯させましょう。歩行者が夕暮れ時や夜間に外出する際は、反射材・LEDライト・明るい目立つ色の衣服を着用しましょう。

▽飲酒運転の根絶
飲酒運転は悪質な犯罪です。一人ひとりが強い意志をもち、飲酒運転を根絶しましょう。飲酒した翌日もアルコールの影響があることを認識し、飲酒量や飲酒時間に注意しましょう。

問合せ:市民協働推進課市民安全係
【電話】内線170

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU