文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和元年10月12日台風第19号 いま、市民一丸で取り組む災害対策(2)

2/26

茨城県常陸太田市

■被災された方への支援制度
被災された皆さまに1日でも早く安心して生活をしていただけるよう、市では被災者支援制度の策定などに全力で取り組んでおります。支援制度などについては順次お知らせをしてまいります。

▽り災証明の申請受付
災害により住宅が被害にあった場合(塀、物置を除く)に、保険の請求や税の減免、被災者生活再建支援制度の申請、各種見舞金などを受け取るために必要となるときがあります。
申請方法:窓口で申請してください。市職員の現地確認後、証明書を交付します。
*申請から交付までおおむね3週間程度かかります。

問合せ:
申請受付について…収納課【電話】内線205・244
証明書の内容について…税務課【電話】内線207・208
証明書の交付について…市民課【電話】内線103・132

■病院等での自己負担金の支払い猶予について
対象:市国民健康保険または後期高齢者医療制度に加入している方
内容:台風第19号で住家の全半壊、床上浸水またはこれに準ずる被災をした方が、病院等で診療を受けた場合、令和2年1月末までの診療分、調剤分および訪問看護分の費用についての支払いが猶予されます。
*被災により健康保険証を失った方も病院にかかることができます。

問合せ:保険年金課
【電話】内線112・117

■上下水道使用料の減免
対象:上下水道利用者のうち、り災証明を受けた方
内容:10月・11月分使用水量について、通常使用水量(前年度同月分または過去3カ月平均)と比較して増加した水量を減免します。
*対象者は申請不要により、減免します。

問合せ:上下水道総務課料金係
【電話】内線511

■被災者支援のための「市民相談窓口」の開設
住宅、福祉、教育、税務など、全般にわたる相談および案内のための総合相談窓口を開設します。
とき:10月28日(月)〜午前9時〜午後4時
ところ:
市役所本庁1階特設窓口【電話】内線177
金砂郷支所金砂郷地域振興課【電話】76-2111
水府支所水府地域振興課【電話】85-1111
里美支所里美地域振興課【電話】82-2111

■被災者生活再建支援金(国および県の支援制度)
住宅に被害のあった方に対し、次の2つの支援金を支給します。
*被災時に現に居住していた世帯が対象となりますので、空き家、別荘、他人に貸している物件などは対象外となります。
申請期間:
「基礎支援金」…災害発生日から13カ月以内
「加算支援金」…災害発生日から37カ月以内
必要書類等:り災証明書、住民票、預金通帳の写しなど
*大規模半壊・半壊に伴い解体した場合は、解体したことを証明する書類が必要です。
住宅の被害程度に応じて支給する支援金(基礎支援金):

基礎支援金に加え、住宅の再建方法に応じて支給する支援金(加算支援金):

問合せ・申込み:防災対策課
【電話】内線351

■常陸太田市令和元年台風第19号被害対策支援金(市の独自支援制度)
被害を受けた住宅等の修繕に対し、市独自の災害支援金を支給します。
対象:本市に居住している方で、今回の台風により住宅および同一敷地内の物置等が損壊し、専門業者による修繕等をおこなう方
*被災者生活再建支援金(国の支援制度)に該当する場合は対象外となります。
支給額:
「住宅」修繕費用等の2分の1以内(上限25万円)
「物置等」修繕費用等の2分の1以内(上限10万円)
必要書類等:
・り災証明書(物置等の場合は「被災証明書」)の写し
・対象工事の見積書(または「領収書」)の写し対象工事箇所の施工前後の写真
申請期限:令和2年3月31日(火)
問合せ・申込み:防災対策課
【電話】内線351

■常陸太田市災害見舞金
住居が床上浸水の被害を受け、「被災者生活再建支援金(国の支援制度)」に該当せず、「常陸太田市令和元年台風第19号被害対策支援制度(市の支援制度)」を利用しない方に対し、市から3万円の見舞金を支給します。
必要書類:り災証明書等の写し
問合せ・申込み:防災対策課
【電話】内線351

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU