ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

11月は収納対策強化月間です【市税などの納め忘れはありませんか?】

9/12

茨城県桜川市

皆さまからお預かりする税金は、市が行政サービスを提供するための大切な財源です。市税などの滞納が増加すると、期限内に納付された方との税負担の公平性が確保されず、必要な行政サービスの低下を招きかねません。
令和元年度の滞納処分(差押えなど)の状況

◆滞納者への滞納処分を強化
市税などに未納がある場合は、督促状や催告書を送付しています。これらの通知が届いたら、速やかに納付をお願いします。そのまま放置し、納税相談も無い場合には滞納処分の対象となり、財産調査、預貯金・生命保険・給与などの差押えを行う場合があります。
一括納付が困難な場合は、納税相談にご来庁ください。

◆徴収猶予の特例制度
新型コロナウイルス感染症の影響により、事業などの収入に相当の減少があり納税が困難な方は、1年間、地方税の徴収の猶予を受けることができます。担保の提供は不要、延滞金もかかりません。
※対象者や対象地方税、申請方法など、制度の詳細は、問い合わせください。

◆平日延長業務・休日業務
納税の受け付けと納税相談を行っています。ご利用ください。
場所:収税課(大和庁舎)
◎平日延長窓口
実施日:毎週木曜日
時間:19時30分まで
◎休日窓口
実施日:毎月の最終日曜日
時間:9時~16時
※12月は27日(日)です。

◆収納対策強化月間QandA
Q 市税などを納付しないと、どのような不利益がありますか。
A 勤務先に照会の文書が届いたり、財産調査のうえ、滞納処分が執行されたりするなど、不利益を受ける恐れがあります。納付が遅くなればなるほど延滞金が加算され、滞納額が増えます。

Q 市税などを滞納していますが、承諾なしで私の財産が差押えられました。このようなことは許されるのでしょうか。
A 一定の要件を満たせば、事前の連絡や同意がなくても差押えができると法で規定されています。しかし、自主的な納付をお願いするため、督促状を発送後も、催告を行っています。それでも納付されない場合には、税の公平を保つために、財産の差押えを行います。

◆口座振替納税がおすすめ
一度手続きすれば毎年自動更新となりますが、死亡・所有権移転などで納税義務者が変更された場合は、新たに手続きが必要となりますので、ご注意ください。
手続きは、市内の金融機関、郵便局や市役所各庁舎の窓口で簡単に行えます。(通帳・通帳印・納税通知書などをご持参ください)

◆スマートフォンで納税
専用アプリをダウンロードした後、納付書のバーコードをカメラで読み取り、アプリに登録した銀行口座やチャージした電子マネーから納付できます。
対象費目:固定資産税、軽自動車税、市県民税(普通徴収)、国民健康保険税、介護保険料、後期高齢者医療保険料、保育料(保育施設利用者負担額)、学童クラブ保護者負担金、水道料金、下水道使用料
対応アプリ:
・LINEPay(LINEPay請求書支払い)
・PayPay
注意事項:領収書は発行されません。納期限を過ぎた納付書は、利用できません。

問合先:収税課
(【電話】0296-58-5621直通)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU