ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

地域包括支援センター

24/33

茨城県行方市

◆シルバーリハビリ体操をご存じですか
シルバーリハビリ体操は、現茨城県立健康プラザ管理者の大田仁史氏が考案した茨城県発祥の介護予防体操です。本市では、行方市シルバーリハビリ体操指導士会と協力しながら体操教室を開催しており、市内30カ所以上で地域の高齢者の皆さんが楽しく参加しています。
行方市地域包括支援センターでは、体操教室に参加したい方の窓口となり各教室へとおつなぎします。また、体操を指導するボランティアの養成も行っています。

行方市シルバーリハビリ体操指導士会は、シルバーリハビリ体操を普及させるボランティア団体で、指導士・参加者ともに同じ地域の方と、和気あいあいとした雰囲気で体操を行うことができます。

この機会にぜひ、シルバーリハビリ体操指導士の資格を取得してみませんか。地域で活動してみたい方、定年後の活動する場をお探しの方、自身の健康を維持したい方など、興味のある方は下記日程等をご確認の上、行方市地域包括支援センターまでご連絡ください。

次の条件を満たす方であれば、どなたでも受講することができます。
(1)行方市民でおおむね60歳以上の方
(2)常勤の職に就いていない方
(3)認定後に地域でボランティア活動できる方
(4)講習(下表)の全日程に出席できる方※1

※1やむを得ない事情により欠席する場合は、後日補講を受けていただく必要があります。
※2昨年度の講習会を参考にしていますが、変更になる可能性があります。
※3初日のみ、地域包括支援センター(旧玉造保健センター)から茨城県立健康プラザへ送迎します。
2日目以降はご自身で会場(行方市地域包括支援センター)までお越しください。
受講料:無料 ※会場までの交通費・昼食等は自己負担となります。
応募締切:5月24日(金)

問合せ・申込先:行方市地域包括支援センター(旧玉造保健センター)
【電話】0299-55-0114

行方市地域包括支援センター
【電話】0299-55-0114
いつまでも健やかに住み慣れた地域で生活していけるよう、高齢者やご家族の皆さんを、医療・保険・介護および福祉など、さまざまな方面から総合的に支援します。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU