文字サイズ
自治体の皆さまへ

くらしの情報~環境~

20/44

長崎県長与町

■精霊流しに伴う精霊船の集積所の設置について
精霊流しは伝統的慣習であるため、例年通り集積場所を設置します。
日時:8月15日(月)18時~21時※時間厳守
場所:指定集積場所
・斉藤郷西側埋立地
・高田郷道の尾グラウンド
その他:
供物など…集積場所の専用回収箱へ
※こも包みの中に、缶やビンなどの不燃物を入れないでください。
回収できないもの…LED、バッテリー類、瓦など

問合せ:住民環境課環境係
【電話】801-5824

◆感染症予防対策にご協力をお願いします
・マスクの着用は感染症防止として重要な対策です。人との距離が確保できる場合や会話をほとんど行わない場合は着用する必要はありません。就学前のお子様については体調に十分注意した上で着用をお願いいたします。
・人と人との距離を十分にとり、精霊船の持ち込み後は速やかに退場してください。
・集積所の広さに限度があるため、精霊船の小型化にご協力ください。

問合せ:住民環境課環境係
【電話】801-5824

■食中毒を防ごう!8月は食品衛生月間です
気温・湿度が高くなる初夏から初秋にかけては食中毒が発生しやすい時期です。ご家庭での食品の取り扱いには十分注意しましょう!

◆食中毒予防の三原則
菌をつけない・ふやさない・やっつける
○家庭内での予防のポイント!
(1)購入時に消費期限をチェック
(2)食材はすぐに冷蔵庫へ 入れる量は7割程度を目安に
(3)台所を清潔にして、ごみをこまめに捨てる
(4)十分加熱する
(5)食べる前に手をよく洗う
(6)余った食べ物を温め直す時は、75℃を目安に十分加熱する
○食品別の取扱いの注意点
卵:割卵後はすぐに使用する
肉・牡蠣:十分に加熱する
魚介類:十分に水道水で洗う

◆衛生的な食材でも、自分の手が汚れていては意味がありません。まずは手洗いをするように心がけましょう。

◆アニサキスによる食中毒の予防
最近、アニサキスによる食中毒が多発しています。
○アニサキスとは?
約2~3cmの白色の糸状の寄生虫で、サバ、アジ、サンマ、カツオ、イワシ、サケ、イカなどの魚介類に寄生することがあります。
○症状
幼虫が寄生する生鮮魚介類を食べた後、数~十数時間後にみぞおちの痛み、吐き気、嘔吐を呈するのが一般的です。
○予防方法
(1)新鮮な魚を選び、速やかに内臓を取り除き、また目視で確認し、アニサキス幼虫を除去する。
(2)70℃以上、または60℃なら1分間の加熱や、-20℃で24時間以上冷凍する。なお、酢漬け、塩漬け、しょうゆやわさびでは幼虫は死滅しないので注意しましょう。

問合せ:住民環境課環境係
【電話】801-5824

■一般家庭・公共施設からのもやせるごみ排出量・紙類の資源化量の比較

もやせるごみ

紙類

これからも紙類をはじめとした資源化物のリサイクルにご協力いただき、ごみの減量化をすすめましょう!

問合せ:住民環境課環境係
【電話】801-5824

■ごみ収集日確認アプリについて
これまで長与町地区別ごみ収集カレンダーにて紹介しておりましたごみ専用アプリ「ゴミの日NAVI」は、今年度をもちまして更新を終了する予定です。今後のごみ収集日の確認は、長与町公式アプリをご活用ください。
※二次元コードは本紙またはPDF版をご参照ください。

問合せ:住民環境課環境係
【電話】801-5824

■石綿(アスベスト)の事前調査が必要になりました
石綿(アスベスト)の飛散防止のため、令和4年4月から、解体工事やリフォーム工事などを行う前に、施工業者が建材などの石綿の有無を事前に調査し、県に報告することが義務化されました。詳しくは、「石綿総合情報ポータルサイト」で検索してください。
※二次元コードは本紙またはPDF版をご参照ください。

問合せ:西彼保健所環境保全班
【電話】856-5022

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU