ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

身近な消費者トラブルに、気をつけよう!! 〜年末年始は特にご注意を〜(2)

3/30

静岡県藤枝市

【いつの間にか巻き込まれている…インターネットトラブルに注意!!】
◆もうかり話
○事例
「1か月で200万円もうかる!!」などとSNSの広告を見て登録し、60万円をカード決済したが全くもうからず、業者に電話をしても繋がらない。

○トラブルに遭わないためのアドバイス
・友人・知人からの誘いでも、はっきり断る
・「必ずもうかる」「楽して稼げる」にだまされない
・「お金がない」と断っても消費者金融で借りるよう勧めてくるので注意
・「返金保証」などとうたっていても返金されず、借金だけが残るので注意

◆海外のオンライントラベルサイト
○事例
海外のオンラインサイトで予約したホテルに行っても「予約が入っていない」と宿泊を断られる。また、航空券を予約しても、当日、飛行機に乗ることができない。

○トラブルに遭わないためのアドバイス
・予約内容を必ず確認する
・海外のオンラインサイトと連絡がとれない場合があるため、日本語対応の相談窓口があるか確認する
・契約通りのサービスの履行がない場合、クレジットカード会社へ相談する

◆チケット転売仲介サイト
○事例
インターネットでコンサートやスポーツ観戦のチケットを検索し、見つけたサイトで「急がないとチケットが完売してしまいます」「このサイトを見ている人があと6人います」などの表示が次々と表示され、金額がわからない状況で購入ボタンをクリックすると、購入後初めて金額が表示され正規の倍以上払うことになる。

○トラブルに遭わないためのアドバイス
・キャンセルはできないが、転売禁止チケットなどの場合は保証制度があるサイトもあるので、購入前に利用規約を確認する
・サイト業者が利用規約に基づいた対応をしない場合、クレジットカード会社へ相談する

◆インターネットショッピング
インターネットで商品を注文し、代金を支払っても商品が届かない、別の商品が届く、1回だけのつもりが定期購入(複数回の購入を条件に初回が安価)になっている、販売会社と連絡がつかないなど

○トラブルに遭わないためのアドバイス
・返品や解約についての約束が記載されている「返品特約」「特定商取引法上の表記」を確認してから注文する
・商品の到着前に、事業者の銀行口座に振り込むなどの先払いはしない
・サイトの名前を入力して情報などを検索してみる

○自己都合で返品したい場合
・通信販売にクーリング・オフはないため、基本的には「返品特約」に書かれている約束に従うことになる
※注文したものと違う商品や不良品が届いた場合は、交換や返品を要求することができます。荷物が届いたら、すぐに商品を確認しましょう。

◆詐欺・模倣品サイトを見分けるチェックポイント!!
すみからすみまでしっかりチェック
・日本語の字体、文章表現がおかしい
・販売価格が割引されている
・事業者の住所の記載がない、または住所を調べると田や畑、個人宅になっている
・事業者への連絡方法が、問い合わせフォームやフリーメールしかない
・支払方法が個人名の口座の銀行振込のみ
・利用規約などにおかしな記載・不当な記載がある
・サイト内のリンクが適切に機能しない
・サイトURLの表記がブランドの正式な英語表記と異なるなど、おかしな点がある
・個人情報を入力する画面に鍵マークやhttpの後の「S」(https://)が導入されていない
※以前の詐欺サイトは字体や文章表現が明らかにおかしかったり、販売価格が大幅に割引されていたりと見分けがつきやすいものでした。しかし、翻訳ソフトの性能向上などにより、最近は見分けがつきにくくなっています。上記のポイントを総合的に判断しましょう。

問合せ:消費生活センター
【電話】643-3305

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU