ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

つんのせんで弁講座 vol.17

19/24

鹿児島県 薩摩川内市

■「よく」と「よくろう」

東京から薩摩川内市に移り住んだおじいさん。
せんで弁にもずいぶん慣れて、宴会の席では「もう、よくろうた(酔っぱらった)」などと自分でも積極的に使うようになったつん。ある日、山芋掘りに精を出していると、一緒に作業をしていた友人のおじいさんが「そろそろ、よくをかい?」と言ったつん。おじいさんは、またお酒好きの友人が、「よくろうかい(酔っぱらおうか)」と早いうちからお酒を飲みたがっていると思って無視していたそうだけど、しばらくすると、また「そろそろ、よくをかい?」と。それを聞いたおじいさんはついに「まだ日も明るかうちから飲むことばっかり考えちょいが」と怒りだしてしまったつん。友人は、目を丸くしながらも、「よく」は「休憩する」意味だと説明すると、それを聞いたおじいさんは、顔を真っ赤にして平謝り。それを見た友人は、冷静に一言。「はん(あなた)の方が、飲んでもないのに、顔を真っ赤にして、よくろうて山芋を掘った(飲んで絡む意味の方言)ごたなあ」と。とんだ山芋掘りになったつん。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU