文字サイズ
自治体の皆さまへ

10月23日(土)~11月30日(火)秋の読書週間が始まります

2/17

新潟県新潟市秋葉区

◆私の一冊
10月23日(土)~11月30日(火)
皆さんのおすすめの1冊を用紙に書いて、紹介してください。皆さんの「推し本」が次の読者へと広がります。
紹介された本のうち、当館所蔵の本は「テーマ展示」コーナーで展示します。
ぜひご参加ください!

◆大人向け 読書ノート
10月23日(土)から配布 ※なくなり次第終了
大人向けの読書ノート100部を配布します。
人気の読書ノート、欲しい方はお早めに。

◆子ども向け うちどく読書ノート・ぬりえどくしょノート
10月23日(土)~11月30日(火)配布
秋のぬりえは「どんぐり・ふうせん」です。
ノートやぬりえをいっぱいにしたら、図書館の人に見せに来てくださいね。シールをプレゼントします!

◆知っ得!図書館まだある活用法
▽レファレンスサービスをご利用ください
読みたい本が見つからない…そんな時は調査相談カウンターへどうぞ。
図書館では、調べものや本を探すお手伝いをするレファレンスサービスを受け付けています。お気軽にお尋ねください。

▽デジタルアーカイブを知っていますか
当館が所蔵する古地図や貴重書をデジタル化して、新潟市の図書館ホームページで「デジタルアーカイブ」として公開しています。
旧本間家(小泉家)が所蔵していた資料や新津市史編さん資料として集めた古地図、新潟市の文化財「小泉蒼軒文庫」(寄託資料)を公開中。無料で自由に見ることができるので、ぜひご利用ください。

▽こどもとしょかん 赤ちゃんタイム
毎週火曜・土曜 午前10時~正午
赤ちゃんと一緒に気軽に図書館を利用してみませんか?「ちいさいこのよみきかせ(火曜のみ)」やおすすめ絵本の展示、絵本なんでも相談タイムを行っています。

◆今月の展示コーナーから この秋読みたい おすすめの本を紹介します
○「日記と日記から始まる物語」コーナー
“きよのさん”と歩く江戸六百里
金森敦子/著・バジリコ
天明7年、羽州・鶴岡の豪商、三井家の長女として生まれた清野(きよの)は、30歳で日光・伊勢・京都などをめぐる大旅行を決行。清野の日記には、名所見物、買い物、食べ歩き、関所抜けなどが記され、この時代に大胆かつ自由に旅する女性がいたことに驚かされます。

○「笑い」コーナー
ヘンな科学
五十嵐杏南/著・総合法令出版
人々を笑わせながら、科学について考えさせるイグノーベル賞。その過去の受賞研究を紹介しています。好奇心のままに研究を進める科学者に、笑い、驚き、尊敬をも感じられる本です。

○「月」コーナー
月のかがく
えびなみつる/絵と文・渡部潤一/監修・中西昭雄/写真・旬報社
月について、誕生から満ち欠けにおける名称、探査によって解明したデータまで、豊富な絵と文と写真で分かりやすく解説されています。またこれから見ることができる月食の暦が2050年まで載っているので、月を観察する際の参考になります。児童書ですが、大人も楽しめる1冊です。

○「司書おすすめの本」コーナー
わたしがいどんだ戦い 1939年
キンバリー・ブルベイカー・ブラッドリー/作・大作道子/訳・評論社
第二次世界大戦前の1939年、主人公エイダは右足がねじれていることで母に蔑まれ、ロンドンの狭いアパートに押し込められていました。けれども学童疎開の話を聞きつけ、母の目を盗んで弟と列車に乗り込みます。それは自由で新しい生活の始まりでした。劣等感を抱えながら困難に立ち向かうエイダがたくましく、応援したくなります。

新津図書館
【電話】22-0097
所在地:日宝町6-2
開館時間:月曜~木曜・土曜 午前10時~午後7時、日曜・祝日 午前10時~午後5時
休館日:金曜、第1水曜、年末年始、蔵書点検期間

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU