ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

烏山ロータリークラブ 中高生制作の「和紙絵馬」を愛宕神社へ奉納

5/27

栃木県那須烏山市

烏山ロータリークラブ(堀江竜也会長)では、12月16日(土)、中高生が描いた「和紙絵馬」を志鳥の愛宕神社へ奉納しました。
市特産の烏山和紙をPRするとともに、地元の学校や生徒との交流を図ることが目的。和紙は、市内で和紙を製造する福田製紙所に提供してもらい、絵は南那須中、烏山中、烏山高の生徒に依頼して、絵馬を作成しました。生徒らは、縦70センチ、横1メートルの和紙に、干支の「戌(いぬ)」や築城600年を迎える烏山城にゆかりのある「八咫烏(やたがらす)」などを描きました。各中学校は1枚、烏山高は2枚を完成させ、計4枚が奉納されました。
奉納式には、同クラブや学校、自治会の関係者ら約30人が出席し、神事を執り行いました。堀江会長は、「今後も学校との連携を図りながら地域を発展させていきたい」と話していました。絵馬を作成した南那須中2年の塩田佳織さん(藤田)は、「和紙に絵を描くのは難しかったが、良い年になるようにと気持ちを込めて丁寧に描いた」と笑顔を見せていました。
絵馬は、参拝客らが見られるように1年間同神社に飾られます。また、同クラブでは、和紙絵馬の奉納を恒例行事として、継続していく予定です。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル