文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和4年10月支給分の児童手当の制度が一部変更になります

15/35

愛媛県久万高原町

■現況届の提出が不要になります
久万高原町では、令和4年現況届から受給者の現況を公簿などで確認することで、現況届の提出を不要とします。
※ただし以下の方は、引き続き現況届の提出が必要です。
(1)配偶者からの暴力などにより、住民票の住所地が久万高原町と異なる方
(2)支給要件児童の住民票がない方
(3)離婚協議中で配偶者と別居されている方
(4)法人である未成年後見人の方
(5)その他 状況を確認する必要がある方
該当の方には6月上旬にご案内しますので、必ず届出を行ってください。

■特例給付の支給に係る所得上限額が設けられます
令和4年10月支給分から、児童を養育している方の所得が下記表の場合、児童手当などは支給されません。

・所得上限限度額

※児童手当が支給されなくなった後に所得が限度額を下回った場合、改めて認定請求書の提出が必要となりますのでご注意ください。

・手当の額

※特例給付は、所得が制限限度額以上で、所得限度額未満の場合

■児童手当とは
町内に住所のある児童を養育している方に支払われる手当です。
支給時期:2月、6月、10月の年3回に分けて4カ月分を支給

▽こんな時は届出が必要です
・出生などにより児童が増えたとき
・受給者が転入、転出するとき
・児童が転出するとき
・受給者や配偶者が公務員(会計年度任用職員を含む)になったとき

▽児童手当の寄付と申出徴収について
・手当の全部または一部を町に寄付し、子育て支援事業に活かしてほしいという方は寄付できます。
・保育料や学校給食費などに未納のある場合は、児童手当から支払えます。詳しくはお問い合わせください。

問い合わせ先:保健福祉課 子育て支援室
【電話】21-1111(内線144)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU