文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちの話題

2/11

北海道中頓別町

■行政相談制度の発展へ寄与 行政相談委員へ感謝状
4月27日、中頓別町役場で永年にわたり行政相談委員として行政相談制度の発展に寄与された水澤清二さんに総務大臣より感謝状が贈られました。行政相談とは、行政などへの苦情や意見、要望を受け付け、その解決や実現を促進する制度です。
水澤さんは、平成25年10月から令和3年3月までの7年間従事しました。

■祝・新成人 中頓別町成人式
5月2日、町民センターで成人式が行われ、11名の新成人が出席しました。
式典では、小林町長と村山議長からお祝いの言葉が贈られました。新成人を代表して、西村優月さん、相馬光那さんから20歳の決意が述べられました。また、記念品として希望図書や放課後子どもプランで作成したコースターなどが贈られました。

■中頓別町高齢者事業団「おがるっ子」生産
5月3日から4日、22日の3日間、高齢者事業団で堆肥「おがるっ子」を生産しました。フレキシブルコンテナバッグ65個と堆肥袋800個である、およそ45トンの「おがるっ子」を生産しました。
春と秋におがるっ子の生産を行っており、家庭菜園を行う方や町外の農家の方などに愛用されています。

■新型コロナワクチン接種 およそ76%が接種完了
5月8日から保健センターのホールで、新型コロナワクチン集団接種が始まりました。
今回の対象者は65歳以上の高齢者の方などで、5月中に高齢者のおよそ76%が接種を終えました。ワクチン接種を受けた方は、無事に終えられ、安堵した様子でした。
今後の動向は、本誌6ページをご参照ください。

■歯の大切さを考える 歯磨き指導講座を開催
5月11日、認定こども園で歯磨き講座が行われました。
講師として、歯科衛生士の城山裕美江さんをお招きし、乳幼児の虫歯の原因や虫歯になりやすい食品などについてお話しをいただきました。
講座の後には、伊藤保健師から野菜ノートについての説明があり、栄養バランスについて理解を深めました。

■天北線唯一の車両 天北線車両の修繕検討
5月16日、NPO法人中頓別町まちづくり協議会の発案で、天北線を走っていた車両修繕の検討を行いました。
この車両は、平成元年に廃線となった、音威子府発、浜頓別行の最終便の車両です。天北線車両が現存しているのは、これだけのため、価値の高さやどのように修繕をして行くかなど話し合われました。

■特殊詐欺に注意 特殊詐欺の啓発活動実施
5月20日、町内の高齢者宅を中心に枝幸警察署と中頓別町地域生活安全協会の共同で、架空料金請求詐欺などの特殊詐欺被害防止の啓発活動が行われました。
詐欺の手口は多様で、宗谷管内でもはがきやメールを使った詐欺が発生しています。怪しいと感じたら、まずは、役場や駐在所などに相談しましょう。

■交通死亡事故ゼロ 連続1000日達成
知駒峠で発生した交通死亡事故死から1000日が経ちました。これまでの活動に対し、5月24日、中頓別町役場で小林町長、地域生活安全協会の峰友会長へ北海道交通安全推進委員会、枝幸警察署より、表彰状と感謝状が贈られました。
これからも、ドライバーの皆さんは信号規制などの交通ルールを守って行きましょう。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU