文字サイズ
自治体の皆さまへ

ヤングケアラーについて知っていますか?

19/40

熊本県熊本市

ヤングケアラーとは、家族にケアが必要な人がいる場合に、大人が担うようなケア責任を引き受け、家事や家族の世話、介護、感情面のサポートなどを行っている18歳未満の子どものことです。

◆子どもにどんな影響があるの?
学校に行けなかったり、友達と遊ぶ時間がなかったりするなど、本来守られるべき子ども自身の権利を侵害されている可能性があります。

◆まわりの大人ができること
家族の介護等により、子どもの健やかな成長や生活が妨げられ、ネグレクトや心理的虐待に至っている場合もあります。
ヤングケアラーは、介護の担い手である前に成長過程にある子どもです。まわりの大人が早く気づき、子どもの思いを聴き、必要な支援につなげることができるよう、社会全体でヤングケアラーについて正しく理解し、認識を高めていきましょう。

・アルコール、薬物、ギャンブル問題を抱える家族に対応している
・家族に代わり、幼いきょうだいの世話をしている
・家計を支えるために労働をして、障がいや病気のある家族を助けている
(C)一般社団法人日本ケアラー連盟

・世話をしている家族が「いる」と回答した中学2年生が5.7%(約20人に1人)
(令和2年度厚生労働省の実態調査結果)

◆相談先
◇子どもや家庭に関する相談窓口(平日:午前8時半~午後5時15分)
・中央区保健子ども課【電話】328-2421
・東区保健子ども課【電話】367-9130
・西区保健子ども課【電話】329-6838
・南区保健子ども課【電話】357-4135
・北区保健子ども課【電話】272-1104

◇子ども・若者に関する相談(平日:午前8時半~午後9時)
・熊本市子ども・若者総合相談センター【電話】361-2525

問い合わせ:子ども政策課
【電話】328-2156

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU