文字サイズ
自治体の皆さまへ

6月から児童手当の制度が一部変更になります

19/33

島根県雲南市

■変更1 現況届の提出が原則不要になります
これまで、全ての方に毎年6月1日現在の受給者などの状況を把握するために、現況届の提出をお願いしていましたが、次の方を除き現況届の提出は不要になります。

◯現況届の提出が必要な方
(1)離婚協議中で配偶者と別居している方
(2)配偶者からの暴力などにより、住民票の住所と異なる市町村で児童手当を受給している方
(3)支給要件児童の住民票がない方
(4)法人である未成年後見人、施設・里親の受給者
(5)その他、状況を確認する必要がある方

該当する方は6月以降に現況届を送付しますので、期日までに提出してください。期日までに提出がない場合は、6月以降の手当が受けられなくなります。

■変更2 所得が基準額以上の世帯は、児童手当などが受けられなくなります。
児童手当法の一部改正に伴い、令和4年10月支給分(6月~9月分)から、児童を養育している方の所得が下表「(2):所得上限限度額」以上の場合、児童手当などは支給されません。
※児童を養育している方の所得が、下表「(1)所得制限限度額」未満の場合は、児童手当(児童1人当たり月額15,000または10,000円)を、所得が(1)以上(2)未満の場合は、特例給付(児童1人当たり月額一律5,000円)を支給します。
※審査の結果は、10月支給までに郵送でお知らせします。

※扶養親族等の数は、所得税法上の同一生計配偶者および扶養親族(里親などに委託されている児童や施設に入所している児童を除く)ならびに扶養親族等でない児童で前年の12月31日において生計を維持したものの数を言います。扶養親族などの数に応じて、限度額(所得ベース)は1人につき38万円を加算した額になります。

※「収入の目安」は、給与収入のみで計算しています。あくまで目安であり、実際は給与所得控除や医療費控除、雑損控除などを控除した後の所得額で所得制限を確認します。

問合せ:市民生活課
【電話】0854-40-1031

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU