文字サイズ
自治体の皆さまへ

福祉医療制度のお知らせ

6/31

兵庫県香美町

7月1日から、福祉医療制度の一部が改正されます。福祉医療とは、乳幼児や小・中・高校生世代、母子・父子家庭、障害者、高齢者などのうち、一定の要件を満たす人が医療機関などを受診した際に支払うべき医療費の一部(高校3年生世代までは全額)を、県や町が助成する制度です。

■福祉医療費助成を拡充します
(1)訪問看護療養費を助成します
在宅医療の進展に伴い、訪問看護ステーションの利用が増加してきていることを踏まえ、訪問看護療養費を助成の対象とします。
訪問看護ステーションを利用した場合は、疾病などによる受診の際と同様に、健康保険証と福祉医療費受給者証を利用機関窓口に提示してください。

(2)他公費医療の自己負担額に助成します
他公費医療(自立支援医療・指定難病・小児慢性特定疾病など)の助成を受けて支払った自己負担額の一部または全部を、申請により還付します。詳しい手続きについては、健康課までお問い合わせください。

■新しい受給者証を送付します
現在お持ちの「福祉医療費受給者証(緑色)」の有効期限は、6月30日です。
受給資格審査の結果、引き続き受給資格のある人には、6月下旬に新しい受給者証(桃色)を送付します。7月からは、新しい受給者証を健康保険証などと一緒に利用機関などへ提示してください。
なお、所得制限などにより該当しない人には、非該当の通知を送付します。

■受給者証を使用する際の注意点
(1)保育園、幼稚園、小・中・高等学校などにおける負傷や疾病に対する診療には、日本スポーツ振興センターから「災害共済給付」が行われる場合がありますので、原則として受給者証を使用できません。
(2)転居、転出、世帯構成の異動、所得の修正申告などがあった場合は、受給資格変動の可能性があるため届け出が必要です。
(3)県外の保険医療機関などでは受給者証を使用できません。健康保険証のみで受診後、役場健康課または各地域局で申請することで、医療費が助成されます。
申請の際には、領収書の原本、印鑑、受給者証、振込口座の分かるもの、マイナンバーカードや健康保険証など申請者本人が確認できるものをご持参ください。
(4)保険給付の対象外のものには助成されません(差額ベッド代、食事代、文書料など)。

■福祉医療費助成制度について
福祉医療制度の受給要件は下表のとおりです。該当する人は申請してください(すでに申請済みの人は必要ありません。)。

問い合わせ先:
役場健康課
各地域局

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU