文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和3年度当初予算が成立(1)

4/55

山口県阿武町

一般会計:29億2,600万円
特別会計:15億7,675万5千円
総額:45億275万5千円

■令和3年度一般会計歳入歳出予算状況 予算総額29億2,600万円

■令和3年度会計別予算状況 単位・千円

令和3年度の予算などを話し合う「阿武町議会3月定例会(令和3年第1回定例会)」が、3月2日から18日まで開かれ、提出議案23件と発議1件、全員協議会での報告3件について慎重に審議が行われ、それぞれ原案どおり可決または承認されました。

令和3年度阿武町一般会計の予算規模は、昨年度から5億5900万円(16%)減少しています。
また、国民健康保険事業など7つの特別会計を合わせた予算規模は、昨年度から6億6093万円(12・8%)減少しています。
当初予算に計上した主な事業について、「第7次阿武町総合計画」の7つの柱に沿って説明します。

1.誇りと活力のある仕事づくり 産業/経済/労働/雇用/働き方
農業関係では、スマート農機などの導入支援「スマート農業加速化事業」をはじめ、認定新規就農者・法人就業者・認定農業者に対して就業・経営支援を行うため、就農準備金、家賃補助、家族就業支援などの制度を町単独で新規に整備する「がんばる農林水産業就業・経営等支援事業」を実施します。
継続事業として、「有害鳥獣駆除事業」では、国庫補助の対象とならないイノシシ等進入防止柵などの設置補助および猟友会員の担い手確保のため、狩猟免許取得に対する受講料などを町単独で助成します。
・がんばる農林水産業就業・経営等支援事業(406万円)
・阿武町スマート農業加速化事業(1755万円)

畜産業関係では、無角和種のブランド化を進め、観光資源としての魅力化を図る「無角和種との出会い創出プロジェクト事業」を本格的に実施します。
・無角和種との出会い創出プロジェクト事業(2839万6千円)

林業関係では、継続事業として、慢性的な担い手不足を解消するため地域おこし協力隊の制度を活用して、自伐型林業を実践する林業支援員を配置し、隊員期間満了後には、地域に定住できるよう必要な支援を行うなどに取り組みます。
・林業支援員設置事業(817万5千円)

水産業関係では、宇田郷漁港長浜海岸において、漁港海岸施設の長寿命化を図るための海岸補修設計業務の「海岸保全施設整備事業」をはじめ、新規に漁業就業を志す法人就業者に対する「がんばる農林水産業就業・経営等支援事業」を行うほか、継続事業として、宇田郷漁港尾無地区において西物揚場機能保全工事の「水産物供給基盤整備事業」などを実施します。
・海岸保全施設整備事業(1110万円)
・がんばる農林水産業就業・経営等支援事業(76万円)

商工業関係では、継続事業として起業時における初期投資の負担軽減を図るため、「起業化支援事業」を実施するほか、コロナ禍の状況でもオンラインなどを活用して雇用の場を確保するため、引き続き、企業誘致推進員とともに、企業誘致に向けた積極的なセールス活動を展開します。
・起業化支援事業(100万円)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU