文字サイズ
自治体の皆さまへ

公民館だより

21/45

山口県阿武町

■なご
▽12/17交通安全教室・うそ電話詐欺に注意!
8月から延期していた「シニア交通安全教室」。なごみ会の会員14人が参加し、萩警察署の山田尚幸(やまだなおゆき)警部補のお話を聞きました。最近の歩行者の交通事故を例に、運転手から見た歩行者の死角や反射材の効果について説明があり、明るい服装を心がけるよう指導していただきました。
また、全国で多発し、萩市でも実際に発生した架空請求などの「うそ電話詐欺」についての話もあり、被害に遭わないための対策などを教わりました。

▽12/25しめ飾りづくり教室で世代交流 指導者として高校生もお手伝い
奈古地区子ども会育成連絡協議会は、地域の伝統文化の継承と世代交流を目的に「しめ飾りづくり教室」を開催。小・中学生14人、指導者8人、育成者ほか9人の、合計31人が参加しました。
初めに、宇久の小田武之(おだたけゆき)さんに材料の由来などをご説明いただき、指導者の方たちから藁の綯い方を教わりながら、それぞれ、しめ飾りを作りました。
今年は高校生の参加もあり、苦戦する子どもたちに優しく指導してくれました。大きさもさまざまな、思い思いの、立派なしめ飾りを作ることができました。

■ふくが
▽12/26世代交流しめ飾りづくり・門松づくり
福賀地区子ども会育成連絡協議会でも、伝統文化の継承と世代交流をめざし、しめ飾りづくり教室を開催しました。
前日には、福賀昭和会のみなさんがウラジロやユズリハなどの材料を集めてくださいました。
当日は、福賀ことぶき会のみなさんの指導で、藁の綯い方、飾りのつけ方を教わり、しめ飾りを仕上げました。
今年は小・中学生10人のほか、保護者や各団体のみなさんで合計60人の参加があり、初めて参加する子も上級生や保護者の手伝いで、立派に完成させることができました。
しめ飾りづくりの一方、子育連の役員と昭和会の有志は、チェンソー、ナタなどの道具を使って、松・竹・梅の細工に、南天・葉ボタン・笹などの飾りで形を整えて、大きな門松を作り、福賀公民館の玄関を飾ってくださいました。
お昼時には、福賀婦人会お手製のカレーライスを全員で美味しくいただき、楽しく和やかに、世代を超えた交流となりました。

■うたごう
▽12/4宇田郷地区子育連冬季子ども会大会
子ども13人、大人10人の合計23人が参加しました。
今回のメインは宇田郷と奈古で工事が進んでいる、「木与防災道路」の見学です。まずは宇田郷の橋梁工事を見学。高所作業車に乗り、高い位置から橋梁を眺めました。続いてトンネルの中を見学。掘削車が動く姿を見学したり、実際にトンネルに貼り付けられる防水シートに「落書き」をさせてもらったりしました。子どもたちだけでなく、大人たちも、普段は見ることのできない工事現場に大興奮でした。

▽12/11ふれあい体育館および周辺清掃
朝8時からふれあい体育館と周辺の草刈り作業を実施。日頃利用している団体や近隣の方など、30人程度のみなさんで、周辺の草刈り、枝打ち、落ち葉の回収や体育館内の清掃を行いました。
コロナ対策のため、作業は半分の1時間に短縮。
とはいえ、年に2回きりの作業とあって結構な量の刈草が出ましたが、みなさんの協力のおかげで予定より早く、すっかりきれいになりました。
みなさん、大変お疲れ様でした。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU