文字サイズ
自治体の皆さまへ

5月17日は日本高血圧の日です

14/71

島根県出雲市

~適塩生活で高血圧予防~

■血圧と塩分摂取にはどんな関係があるの?
習慣的に塩分を多く含む食品や、味の濃い食事をとると、血液中の水分量が増え、血圧が高くなります。血圧の高い状態が長く続くと、動脈硬化が進み、脳卒中や心筋梗塞、腎臓病など命にかかわる病気を引き起こす可能性があります。

■1日の食塩摂取目安量は?
男性は7.5g、女性は6.5g未満です。(日本人の食事摂取基準2020版)
塩分をとりすぎていませんか?

■食べ方を工夫しましょう!
◇うどんやラーメンなど麺類の汁は残す
半分残せば2~3gの減塩に。

◇しょうゆやソースは「かけるよりつける」
まずは味をみてから。小皿に入れてつけましょう。

◇うす味だからと言って食べすぎない
多く食べると塩分量も増えます。量を考えて食べましょう。

■食品に含まれている食塩含有量ってどれくらい?
詳しくは本紙13ページの二次元コードから見ることができます。
出典:島根県ホームページ

※血圧の薬を飲んでいても適塩は血圧を下げるのに効果があります。

問合せ:健康増進課
【電話】21-6979

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU