文字サイズ
自治体の皆さまへ

食中毒に注意しましょう

16/53

広島県尾道市

食中毒を起こす細菌は、20〜50°Cの温度帯でよく増えます。夏場は気温や湿度が高く細菌が増えやすいため、特に食中毒に注意が必要です。

■食中毒予防の3原則できていますか?
▽菌をつけない・調理の前や食べる前には必ず手洗い!
・生で食べる野菜はしっかり洗いましょう
・肉や魚を扱った後のまな板や包丁は、洗って消毒!

▽菌をふやさない
・冷蔵、冷凍が必要な食品はすぐに冷蔵庫、冷凍庫に入れましょう(買い物の際には,保冷バッグや氷の活用を!)
・作った料理をすぐに食べないときは冷蔵庫で保管しましょうまた、時間が経ったら思い切って捨てましょう

▽菌をやっつける
・食品は中心部まで十分に加熱を!(目安は中心の温度が75°Cで1分間以上)

詳しい情報は、広島県HPの「家庭における食中毒予防」をご覧ください。

問合せ:広島県東部保健所生活衛生課
【電話】0848-25-4642

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU