文字サイズ
自治体の皆さまへ

4月1日から成年年齢(1)

1/23

福岡県古賀市

◆18歳がおとなに
明治9年以来140年ぶりに20歳だった成年年齢を18歳に引き下げる「民法の一部を改正する法律」が施行されます。4月1日の時点で、18歳以上20歳未満の人(2002年4月2日生まれから2004年4月1日生まれまでの人)は、その日に成年になります。2004年4月2日生まれ以降の人は、18歳の誕生日に成年になります。

◆どうして成年年齢を20歳から18歳に?
世界的には、成年年齢は18歳が主流です。18歳・19歳の若者の自己決定権を尊重し積極的な社会参加を促すことになると期待されています。

◆古賀市の成人式 Koga City’s coming-of-age ceremony
18歳は高校3年生の学年に当たり、年間を通して就職や進学などに向けた準備に多忙な時期のため古賀市は「20歳のつどい(仮称)」として、これまでどおり20歳で実施します。
本年度は令和5年1月8日(日)に実施する予定です。(内容・時間は未定)

▽18歳になると献血・骨髄バンクドナー登録ができます。
あなたに救える命がある!
※献血:男子は17歳から可能です。

◆親の心配 子の不安の声
▽できることが増えるって「大人」って感じ。でも、いきなり一人で決めるのは怖いから、とりあえず家族には相談しようかな…

▽実感がわかないのが正直なところ。
いきなり大人社会に放り出される感じ。

・実感がない。詐欺などに遭わないか不安。
むねと:18歳
・18歳からの選挙参加は良いと思うけど…社会経験が無い中で悪い業者に騙されそうで心配。
むねと母

・成人年齢が下がってもそんなに恩恵はないんじゃないかな。
めぐみ:19歳
・自分にはまだ関係ない。
はるき:16歳
・ひとり暮らしの部屋を借りたり、ローンを組むのは、正しい金銭感覚と長期的な見解や判断力が必要。身近なことだけに軽率な行動をとらないか心配。
めぐみ・はるき母

・だれも教えてくれないし、まだイメージがわかない。
かすみ:16歳
・18歳で成人って怖いよね。いろんな責任がかかってくるし。本人は自覚がないし。大人としての心構えを教えていかないと。
かすみ父

◆市長からのMessage
成年年齢の引き下げにより、18・19歳の皆様は新たに成年となります。成年になることで責任は増えます。大人としての自覚を持って、自分を信じて、新しい未来を切り開いていってほしいと思います。皆様の今後の活躍を心から応援しています。
古賀市長 田辺 一城

◆成年になるとできること
民法の定める成年年齢は、「一人で契約をすることができる、父母の親権に服さなくなる」年齢。つまり親の同意を得なくても、自分の意思でさまざまな契約ができるのです。
・携帯電話・賃貸物件の契約
・クレジットカードをつくる
・ローンを組む(高額な商品を購入した時)
・進学や就職先などの進路の決定
・親の同意なしでの結婚※男女とも18歳から
・性別の取り扱いの変更審判を受けること
・10年有効のパスポートを取得
・公認会計士や司法書士、行政書士など国家資格に基づく職業に就くこと
・証券口座の開設
・日本と外国、両方の国籍を持っている人の国籍選択
・裁判員に選ばれる

◆20歳にならないとできないこと
・お酒やたばこ
・公営ギャンブル(競馬・競輪・オートレース・モーターボート競走)
※これらは、健康被害への懸念や、ギャンブル依存症対策などの観点からできません。
・養子縁組
・大型・中型自動車運転免許の取得
・国民年金の加入義務は20歳からのまま

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU