文字サイズ
自治体の皆さまへ

4月1日から成年年齢(3)

3/23

福岡県古賀市

◆肝に銘じて!!
消費者トラブルに遭わないための四か条
・その一、その場で契約を決めない
契約を結ぶ時は必ず一度持ち帰って頭を冷やし不安な時は周りの人に相談しよう
・その二、うまい話はきっぱりと断る
「特別」「今だけ」の言葉には「いらない」ときっぱり伝える
・その三、消費者の味方になるルールを知る
クーリング・オフや消費者契約法などのルールを知っておこう
万が一巻き込まれても解約できるかも
・その四、借金を勧める事業者は信用しない
安易にクレジット契約や消費者金融などを勧めてくる事業者はまず疑え

いい大人がいれば悪い大人もいる、と肝に銘じよ

・18歳になると本人たちの心の準備ができているかいないかに関わらず社会から大人と見なされ、本人がしっかり自覚しないと危険なことや不都合が生じる可能性があります。

・消費者トラブルに遭わないためには、未成年のうちから、契約に関するさまざまなルールなどを学び、その契約が本当に必要かよく検討する力を身につけておくことが重要です。
契約を結ぶかどうかを決めるのも自分なら、その契約の責任を負うのも自分自身。

・正しい決断のためには、さまざまな社会のルールを学んで知識を得、周りの人の意見や助言をもらうことも有効です。

・立ち止まって「考えること」がトラブル回避の基本であり、大人への第一歩とも言えます。

・私たち周りの大人も社会全体でこれまでより早く〝大人〟になることについての意識を高め、自覚を促し、しっかりと見守る必要があります。

▽成年年齢の引下げについての最新情報はこちら!
※QRコードは広報紙をご覧ください。

▽「動画」で分かる成年年齢政府インターネットテレビ「2022年4月成年年齢引下げ18歳で大人!できること。できないこと。」
※QRコードは広報紙をご覧ください。

◆日本司法支援センター(法テラス)
【電話】0570-078374
(おなやみなし)
IP電話からは
【電話】03-6745-5600
法的トラブルの解決に役立つ法制度や相談窓口を無料で紹介します。
※相談窓口につながった時点から、通話料が発生します。
平日:9時~21時
土曜日:9時~17時
※祝日・年末年始を除く
※メールによるお問い合わせは法テラスホームページで24時間受付中

◆消費者トラブルに巻き込まれたり困ったことが起きたときには消費者ホットライン「188(いやや)!」に電話
地方公共団体が設置している身近な消費生活センターや消費生活相談窓口をご案内します。
※相談窓口につながった時点から、通話料が発生します(相談は無料)。
・市消費生活センター
【電話】410-4084

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU