文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちの話題

3/33

大分県九重町

◆4/8・11・12 あたらしい生活がスタート
町内こども園・小学校・中学校の入園式・入学式が行われ、新入園児・新入学生が新しい生活をスタートさせました。

▽こども園・小学校・中学校の園児・児童・生徒数(人数は4月1日時点)

◆3/31 社会教育功労者表彰
3月31日九重町教育委員会にて社会教育功労者表彰を行いました。これは、社会教育の振興に功労があった方に対し表彰するものです。渡邊さんは、社会教育委員として14年間にわたり委員長等を歴任し、さらにここのえ“夢”クラブにおいても会長として町民の社会教育推進に多大な貢献をされました。
渡邊さんは、4月19日にお亡くなりになりました。謹んでお悔やみ申し上げます。

◆4/4 災害時における協定
災害時における一時避難所としての使用に関し株式会社タカヒコアグロビジネスと災害協定を締結しました。この協定により災害時において町は株式会社タカヒコアグロビジネス所有の農業用施設に対し一次避難所として開設し、住民の使用ができることとなります。佐藤代表取締役は、「九重町のためにお役に立ちたい」と挨拶されていました。

◆4/13 つや姫コンテスト受賞報告
令和3年度「大分県うまい!つや姫コンテスト」にて九重町から佐々木良忠さんが最優秀賞を、佐藤和敏さんと日野健さん(報告当日は所用にて欠席)が優秀賞を受賞されました。報告で、佐々木さんは「つや姫を作り始めて2年目でこのような賞を受賞できてうれしい」と述べられ、佐藤さんは「これを機につや姫を広めていきたい」と述べられました。

◆4/17 環境政策に係る意見交換会
4月17日に環境省の「環境政策にかかる全国行脚 意見交換会」が開催されました。
意見交換会には九重ふるさと自然学校や九州電力株式会社等の団体の方々が参加されました。日野町長は「今後も自然環境とのバランスを考えながら再生エネルギーの推進、生物多様性の保全によりしっかり未来へ繋いでいきたい」と述べられていました。
・当日は大岡環境副大臣が来庁され、地元企業の方などと環境政策について意見交換されました

◆4/18 九州選抜大会に向けて
ボーイズリーグの日出ボーイズに所属する佐藤暖希さん、高倉慶大さんが「第18回ミズノ旗争奪九州選抜大会大分県支部予選」にて準優勝し、町長へ報告に訪れました。本結果にて九州大会出場が決まっており、佐藤さんは「県の代表として自信を持ち、1勝できるように頑張りたい」、高倉さんは「県代表として責任を持ち、自分の役割を果たしたい」と力強く抱負を述べられました。

◆4/18 消防団新年度体制へ
令和4年九重町消防団退団者感謝状贈呈式及び新入団員・新役員任命式が九重町役場で行われました。退団者を代表して坂本英昭さんに日野町長より感謝状が贈られ、新入団員・新役員へ田吹利明団長より辞令が交付されました。
今年度5名の新入団員を迎え、総勢330名の九重町消防団がスタートしました。
・第1分団3部の渋谷昌平さんが新入団員を代表して、決意表明をされました

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU