文字サイズ
自治体の皆さまへ

10月は「食品ロス」削減月間 知ろう!減らそう!『食品ロス』

1/14

福井県坂井市

◆食品ロスって何?
食品ロスとは、食べられるのに捨てられている食品のことです。
日本では、年間2,550万トンの食品廃棄物などが排出されています。このうちの約4分の1にあたる612万トンが、食べられるのに捨てられている食品ロス(農林水産省および環境省「平成29年度推計値」)。
これは、世界中で飢餓に苦しむ国への食糧援助量の約1.6倍の量に相当し、日本人一人当たり、お茶碗約1杯分のごはん(132グラム)が、毎日捨てられていることになります。

◇家庭から出る「食品ロス」の主な原因!!
・『買いすぎ』
必要以上に買いすぎて、調理に使いきれず捨てられてしまう。
・『期限切れ』
賞味期限や消費期限が過ぎて、捨てられてしまう。
・『過剰除去』
調理の時に食べられる部分が捨てられてしまう。
・『食べ残し』
食べきれずに捨てられてしまう。

◎家庭から出された燃えるごみの約3割は、これらのような食品ロスや生ごみが占めています。みなさん心当たりはありませんか。

◆家庭で今日からできる食品ロス削減の取り組み!
買い物に出かけるときや、料理を作るときには、次のことに気を付けましょう。

・買い物に出かける前に、冷蔵庫を確認しましょう。
・ばら売り、量り売りを利用して必要な分だけ購入しましょう。
・定期的に「冷蔵庫一掃デー」(消費期限が近い食材を使い切る日)を設けましょう。
・自分が食べきれる量(適量)を知りましょう。
・家族が食べきれる、必要な分だけ料理を作りましょう。
・いつも捨てていた部分を工夫して、食材を使い切りましょう。
・使い切り、食べきりを意識して食材の保存方法を工夫しましょう。

◇賞味期限とは
賞味期限とは「おいしく食べることができる期間」です。期間を過ぎたら食べられないということではありません。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU