文字サイズ
自治体の皆さまへ

第18期藤枝市議会議員 抱負を語る(2)

5/24

静岡県藤枝市

■議席番号11番
鈴木岳幸(すずきたけゆき)(五十海)
藤のまち未来(3)
『政治は弱い立場の人のためにある』これが私の政治信念です。弱い立場の人は声を上げられないこともあります。ですからこちらから積極的に市民の声を聞き、そのご意見を市役所で代弁することで、市民の生活向上に努めてまいります。

■議席番号15番
油井和行(ゆいかずゆき)(駅前)
藤新会(3)
未来を担う、子どもたちの笑い声が絶えない街、高齢者が笑顔で豊かな老後を暮らせる街、若者が未来に夢を持てる街を目指して市民の声を大切に致します。
ローカルSDGsを推進し、持続可能な街ふじえだを次世代に繋げます。

■議席番号19番
岡村好男(おかむらよしお)(高柳)
藤のまち未来(5)
常に初心を忘れることなく、解決すべき課題について、地域の皆さんの生の声と心を大切にする「現場主義」の政治活動が私の原点です。市民の皆さんから「本当に住んでよかった藤枝」が、実感できる具体的な政策提言を実践していくことを約束いたします。

■議席番号12番
平井 登(ひらいのぼる)(滝沢)
藤のまち未来(3)
新型コロナや世界情勢の不安により、社会の価値観や生活様式が大きく変化している時に、私の公約とした「人々を迎える」「未来をつくる」「災害に備える」の3つのテーマについて、真剣に取り組み、本市の発展に尽力いたします。

■議席番号16番
山根 一(やまねはじめ)(平島)
藤新会(3)
誰もが安全で安心して暮らせるよう、市民の皆さまの声に耳を傾け、三期目へと送り出して頂いた皆さまの期待に応えるよう努め、大役を担う今期は、正に藤枝の「将来を見据えた街づくり」の先頭に立ち実行できるように職務を果たします。

■議席番号20番
小林和彦(こばやしかずひこ)(高洲)
藤新会(4)
地方の分権改革の進展に伴い、地方自治体には市民との信頼関係、協働の精神による自主自立のまちづくりが求められています。市民と行政のパイプ役として市民の声に耳を傾け、安全安心の街づくりのために最善を尽くしてまいります。

■議席番号13番
神戸好伸(かんべよしのぶ)(中ノ合)
藤新会(2)
就労意欲のある元気な高齢者が自分の健康維持と幸福感のため、社会の中で生き生き働く事ができる仕組み作りを行います。若い世代と高齢世代が共に力を出し築く社会、介護が必要になった時にはしっかりと支援を受けられる社会としていきます。

■議席番号17番
山本信行(やまもとのぶゆき)(築地)
公明党(3)
藤枝市民の皆さまの小さな声をお聴きし、健康で幸せに暮らせる、愛する「藤枝」を〝今以上に安心して暮らせるまち〞にすべく、「誠実第一」をモットーに「誰もがいきいきと暮らせるまちづくり」を目指し一生懸命取組んでまいります。

■議席番号21番
大石保幸(おおいしやすゆき)(前島)
公明党(6)
〝一人の声を大切に〞藤枝市がさらに「住みやすく安全で安心なまち」になるように取り組みたいと決意しています。そして、「住んで良かった」と言っていただけるよう、今までの経験を活かし市政の発展に貢献したいと思います。

■議席番号14番
多田 晃(ただあきら)(大東町)
藤新会(3)
「藤枝はもっとよくなる!」をモットーに今まで以上の安心で安全な街を目指して参ります。監査委員を務めて得たものを生かし北村市政との両輪として全力で藤枝を推し進め、10年後20年後を見据えていきます。

■議席番号18番
遠藤久仁雄(えんどうくにお)(南駿河台)
藤のまち未来(3)
皆さまの倫理観が高まることを望んでいます。自分勝手な行動を減らし、暮らしやすいまちをつくりましょう。私は幼児・小中学生の教育、人権問題に取り組みます。自分たちの環境は自分たちで守り、そのお手伝いをさせていただきます。

■議席番号22番
植田裕明(うえだひろあき)(瀬古)
藤新会(6)
南海トラフ巨大地震への備えとして、藤枝市が行っている家屋の耐震化、家具転倒防止、感震ブレーカー等の設置補助の促進、周知、啓発を進めます。藤枝市がめざす「健康・教育・環境・危機管理日本一」の4K施策を支持いたします。

問合せ:議会事務局
【電話】643・3552

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU