文字サイズ
自治体の皆さまへ

後期高齢者医療制度のお知らせ~窓口負担割合が見直されました~

3/23

北海道真狩村

・令和4年10月1日から、一定以上の所得のある方は、現役並み所得者(窓口負担割合3割)を除き、医療費の窓口負担割合が2割となります。
・窓口負担割合の変更対象となる方は、後期高齢者医療の被保険者全体の約20%の方です。

■対象となる方の判定について
・世帯の窓口負担割合が2割の対象となるかどうかは、後期高齢者医療の被保険者の方の課税所得や年金収入をもとに、世帯単位で判定します。
・住民税非課税世帯の方は基本的に1割負担となります*。
・令和3年中の所得をもとに、令和4年8月頃から判定が可能になり、9月中に被保険者証を交付します。※詳細については今後の広報まっかり等でお知らせします。

■保険料の計算方法(令和4年度)
保険料額は、被保険者全員が等しく負担する「均等割額」と、前年の所得に応じて負担する「所得割額」の合計で計算します。


※年度の途中で加入したときは、加入した月からの月割で計算します。
※所得とは、前年の「収入」から必要経費(公的年金等控除や給与所得控除額など)を引いたものです。
※前年の所得金額により、43万円の控除額が異なる場合があります。

■1年間の保険料の賦課限度額が見直しされました
保険料の限度額が、次のとおり見直しされました。
令和3年度64万円→令和4年度66万円

■年間保険料額の例(令和4年度)

令和4年度の保険料額は、6月に個別にお知らせいたします

お問合せ:
真狩村役場住民課医療保険係【電話】0136-45-3612
北海道後期高齢者医療広域連合【電話】011-290-5601

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU