文字サイズ
自治体の皆さまへ

公民館図書室だより

15/27

北海道真狩村

■おすすめの本「子宝船-きたきた捕物帖二-」宮部みゆき
江戸の町で、小物を入れる文庫を売りながら岡っ引き修業に励む主人公北一が、風呂屋の釜焚きなのにえらく強い喜多次の力を借りながら、不可解な事件を解決していく物語です。
事件の謎解きと並行して、北一を助けてくれる登場人物たちに隠された生い立ちや秘密などを知りたい欲求で、どんどんと読みすすめられるお話でした。
こちらはシリーズの2作目なので、1作目を未読の方は是非一緒に読まれることをお勧めします。
江戸の風情と謎解きと怪異と人情話が充分に楽しめる作品です。

この他にも新しい本が入荷しております。公民館図書室のFacebookでも紹介しています。

■図書室の新しい本
▽文芸
「夜に星を放つ」窪美澄
「絞め殺しの樹」川二秋子
「スタッフロール」深緑野分
「ギフテッド」鈴木涼美
「あくてえ」山下紘加
「任侠楽団」今野敏
「鷹の系譜」堂場瞬一
「六法推理」五十嵐律人

▽絵本・児童書
「食糧危機のサバイバル」ゴムドリco./韓賢東(絵)
「ノラネコぐんだんおかしなさがしえブック」工藤ノリコ
「大ピンチずかん」鈴木のりたけ
「ヤマネコとアザラシちょうさだん」五十嵐美和子(作・絵)
「アブナイこうえん」山本孝
「カピバラのだるまさんがころんだ」中川ひろたか(作)/柴田ケイコ(絵)
「ちちんぷいぷい」谷川俊太郎(文)/堀内誠一(絵)
「うちのねこ」高橋和枝

▽その他
「ゴールデンカムイ(31)」野田サトル
「ずっと元気でいたければ60歳から食事を変えなさい」森由香子
「現代文学風土記」酒井信

問合せ:公民館図書室
開館:
・火~金曜日午前9時~午後9時
・土・日・祝日午前9時30分~午後6時
貸出:1人10冊、14日間

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU