文字サイズ
自治体の皆さまへ

12月3日~9日は障害者週間 すべての人が暮らしやすい「共生社会」を目指して

3/20

静岡県三島市 ホームページ利用規約等

■共生社会の実現に向けたイベントや取り組みを紹介します
市では、障がいのある人もない人も、支える人と支えを受ける人に分かれることなく、ともに支え合い、さまざまな人たちの能力が発揮されている活力ある「共生社会」の実現を目指しています。この機会に、家庭、地域、学校、職場などで語り合い、考えてみませんか。

■イベント
◇障がい者施設利用者作品展
障がいのある皆さんが、枠組みにとらわれない自由な発想により制作した作品を展示します。力強く、魅力あふれる作品をぜひご覧ください。
日時:12月2日(金)~9日(金) 午前8時30分~午後5時15分(最終日は午後4時まで)
場所:市役所本館玄関ロビー

◇「体験しよう!」~知的障がい児・者の感じ方~
「三島市手をつなぐ育成会」の皆さんによる「みしまキャラバン隊」が、障がいのある人の気持ちを知ってもらう「きっかけづくり」としてパフォーマンスなどを行います。
日時:12月3日(土) 午後2時~3時
場所:生涯学習センター 3階多目的ホール
申込不要。直接会場にお越しください。

■取り組み
○ヘルプマーク
義足や人工関節を使用している人、内部障がいや難病の人、認知症の人など外見からはわからなくても、援助や配慮を必要としている人がいます。このマークを見かけたら、電車やバスで席をゆずる、困っているようであれば声をかけるなど、思いやりのある行動をお願いします。

○ヘルプカード
ヘルプカードは、緊急時や災害時などに周囲へ「支援」を求めるためのカードです。カードには、してほしい支援、障がい名や病名、緊急連絡先などが記入されています。このカードを提示されたら、記入された内容に応じた支援をお願いします。
※ヘルプマーク・ヘルプカードは障がい福祉課で配布しています。

○デジタル障害者手帳「ミライロID」
市の施設やサービスの一部で障害者手帳などを提示することで、利用料などの割引や減免を行っています。障害者手帳を提示する代わりに、デジタル障害者手帳「ミライロID」を利用してスマートフォンの画面を提示することでも、障がい者割引などのサービスを受けられます。

問合せ:障がい福祉課
【電話】983・2612

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU