文字サイズ
自治体の皆さまへ

民法改正により成年年齢引き下げ 令和4年4月1日から18歳は大人です(1)

2/21

福岡県水巻町

明治以降20歳とされてきた成年年齢が約140年ぶりに見直され、今年4月から18歳で成人となります。
親の同意なく契約できたり、自分で部屋を借りられたりと自由が増える分、自らが負う責任も大きくなります。
自分たちの生活の中で、何が変わって、何が変わらないのか。また、気を付けないといけないことなどを紹介します。

■成年年齢に関する法律の移り変わり
・明治9年(1876年)太政官布告第41号「自今満弐拾年ヲ以テ丁年ト相定候」
・明治29年(1896年)民法第3条「満二十年ヲ以テ成年トス」
・平成16年(2004年)民法第4条「年齢二十歳をもって、成年とする」
・令和4年(2022年)民法第4条「年齢十八歳をもって、成年とする」

Q.どうして民法の成年年齢を引き下げるんですか?
近年、選挙権や憲法改正国民投票の投票権の年齢が18歳に定められるなど、若者にも国の重要な事項の判断に参加してもらう政策が進められてきました。
その中で市民生活に関する基本法である民法でも、18歳以上を大人として扱うのが適当ではないかという議論がされてきました。
このような経緯から平成30年6月に民法が改正され、成年年齢が18歳に引き下げられたことにより、若者の自己決定権を尊重し、積極的な社会参加が期待されています。

Q.成年年齢はいつから18歳になるんですか?
成年年齢を18歳に引き下げることを内容とする「民法の一部を改正する法律」は令和4年4月1日から施行されました。
令和4年4月1日時点で18歳以上20歳未満の人はその日に、18歳未満の人は18歳の誕生日に成年に達することになります。

Q.成人式は何歳でするんですか?
成人式の対象年齢や時期については、法律に決まりはなく、各自治体の判断で開催しています。多くの自治体では1月の成人の日前後に、20歳の人を対象に実施しています。
町では、成年年齢引き下げ後も、これまでどおりその年度に20歳になる人を対象に式典を開催することを決定し、令和2年度から成人式の名称を「水巻町二十歳のつどい」に変更しました。
対象者には11月頃に案内を出しますので確認してください。

■18歳からできること
▽親の同意がなくても契約できる
・携帯電話の契約
・ローンを組む
・クレジットカードを作る
・部屋を借りる

▽ここが重要
未成年者の契約には親の同意が必要です。親の同意のない契約は「未成年者取消権」によって契約を取り消すことができましたが、成年年齢が18歳に引き下げられることで、これからは取消権を行使できなくなります。
安易に契約を交わさず、日頃から契約に関する知識やルールを学びましょう。

・10年有効のパスポートを取得
・婚姻可能年齢が男女とも18歳になる
※令和4年4月1日時点で16歳以上の人は引き続き18歳未満でも結婚できます。
・国家資格の取得(公認会計士・司法書士など)
・家庭裁判所で性別の取り扱い変更審判を受けられる

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU